Micro Focus社 アジアパシフィック・日本担当プレジデントに DAVID TAYLORが就任

アジアパシフィック・日本地域のビジネスの更なる拡大を先導

マイクロフォーカス株式会社 2009年07月13日

エンタープライズ・アプリケーション・マネジメントとモダナイゼーション・ソリューションのリーディングプロバイダである英国Micro Focus社は、アジアパシフィック・日本担当のプレジデントとしてDavid Taylor の就任を発表しました。Taylorは、この地域における積極的なビジネスの成長戦略を先導していきます。

今回のTaylorの就任は、フィリピンのInsular LifeやシンガポールのUnited Overseas Bank、香港のCitic Kah Wah Bank、China Construction Bank などを含む数多くの戦略的な顧客の獲得によるアジアパシフィック地域のビジネス拡大に伴うもので、このタイミングは1984年に設立された日本支社の25周年とも重なります。日本では、これまでMicro Focus社の製品・ソリューションを、金融、製造、行政など幅広い分野のお客様にご利用いただき、ビジネスを順調に伸ばしてきました。最近の例では、株式会社損害保険ジャパン様に同社の自動車保険商品のひとつである「ONE-step」向けのシステムで、Micro Focus Net Expressソリューションを採用いただいております。
Taylorはシンガポールに拠点を置き、Micro Focus社のグローバル・セールス&マーケティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるMarc Andrewsに直接レポートします。田島裕史(日本担当マネージャ)、Stephen Chan(APACセールスディレクター)およびKeith Mante(オーストラリア担当)は、Taylorに直接レポートします。

「Davidは、ビジネスを高成長させるマネージングの実績を持ち、過去何年間も立派な業績を上げてきた力量も実証されています。 アジアパシフィックと日本のオペレーションの統合は、Micro Focus社の更なる成長を築く重要な機会であり、この役割を担うDavidに期待しています」と、Micro Focus 社 グローバル・セールス&マーケティング担当上級副社長のMarc Andrewsは述べています。

最近までTaylorはシドニーに拠点を置くIndigo Pacific のマネージングディレクターとして働いており、それ以前はSaba, Integrated Research, NetIQ Inc, Azure Wireless, Compuwareなどで管理職にありました。 NetIQにおいては、オーストラリア・ニュージーランド地域のディレクターとして、すべてのプロダクトラインにわたり倍以上の売上を上げ、その後、同社のアジアパシフィック地域のディレクターに昇進しました。また、Compuwareでは、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域のバイスプレジデントとして、22億ドルを超える売上をもたらし、利益にして前年比590%という成果を上げました。

「これは私にとって非常にエキサイティングな機会です。」とTaylorは述べています。「多くの企業が停滞して慎重なアプローチをとっているこの時期に、Micro Focus社は強力な顧客パイプラインをもってその傾向に挑戦しており、プロダクトポートフォリオと積極的な買収戦略を継続的に展開しています。このような強力なマネジメントチームと一緒に働けることはとても光栄で、このチャレンジが楽しみです」

*本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]