WebアプリケーションファイアウォールのSaaS型サービスを提供開始

-Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃をリアルタイムに検知・遮断-

株式会社日立システムズ 2009年09月08日

 株式会社日立情報システムズ(本社:東京都品川区大崎、執行役社長:原 巖、以下 日立情報)は、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃をリアルタイムに検知・遮断する「Webアプリケーションファイアウォール」のSaaS型サービスを、本日より提供開始します。

 近年、ECサイトや問い合わせフォームなどのWebアプリケーションの脆弱性を狙い、個人情報の盗難やWebサイトの改ざんが行われるケースがあとを絶ちません。しかし、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃は通常のファイアウォールやIDS(侵入検知システム)では防御できず、脆弱性対策を講じても攻撃は日々進化しているため、常に最新の対策を講じることは困難な状況です。


 こうした背景から、日立情報では高品質なセキュリティ対策をSaaS型で提供する「SHIELDeXpress(シールドエクスプレス)セキュリティオンデマンド」の新メニューとして、「Webアプリケーションファイアウォール」の提供を開始します。「Webアプリケーションファイアウォール」は、Webサイトへのアクセスをリアルタイムにチェックし、攻撃と判定されたアクセスをWebサイトに到達する前に97%以上※1という高い検知率でブロックするサービスです。お客様は当サービスのご利用により、従来、運用管理が煩雑で導入が難しかったWebアプリケーションのファイアウォールを容易に導入することが可能となり、Webサイトを通じた情報漏えいリスクやWebサイト改ざんリスクを低減できます。


 今後、日立情報では2008年2月より提供している「SHIELDeXpressセキュリティオンデマンド」のメニューをさらに拡充してセキュリティ対策の運用工数とコスト軽減を図る企業へ拡販し、2010年度(2011年3月)までに500社、10億円(累計)の売上を目指します。


※1株式会社ジェイピー・セキュア調べ


関連サイト:Webアプリケーションファイアウォール (リンク »)




<「Webアプリケーションファイアウォール」の特長>
(1)Webサイトの改ざん攻撃をブロック可能
 Webアプリケーションに対して多発しているWebサイト改ざん攻撃をブロックできます。


(2)インジェクション攻撃、バッファーオーバーフロー攻撃をブロック可能
 SQLインジェクション, クロスサイトスクリプティング、OSコマンドインジェクション、バッファーオーバーフロー など、Webアプリケーションに特化した攻撃をブロックします。


(3)「SHIELDセキュリティセンタ」による24時間監視
 本サービスを提供する「SHIELDセキュリティセンタ」では、当社のセキュリティエンジニアが24時間365日、運用監視を行っていますので、安心してご利用できます。


(4)柔軟な導入が可能
 「SHIELDセキュリティセンタ」とお客様Webサイト間は、インターネット、専用線、インターネットVPNなど複数の接続方法を選ぶことができ、お客様のニーズに合わせた導入が可能です。




<販売価格>
◆初期費用: 157,500円(税込) 

◆月額利用料: 99,750円 (税込)~ 
 (1ドメインの基本費用)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]