ISID、第一三共株式会社にセキュアな企業間情報共有サービス「IntraLinks Exchanges」を提供

株式会社電通国際情報サービス 2010年01月19日

From ValuePress!

ISIDは、第一三共に対し、企業間情報共有サービス「IntraLinks Exchanges」を販売いたしました。
本サービスは、米国IntraLinks社が提供する、インターネット上で大量のドキュメントを安全かつ効率的に配信するクラウドサービスです。米国公認会計士協会の監査基準書に基づく認証を受けた高いセキュリティレベルを誇り、厳格な機密情報管理に十分対応することができる機能を保持しています。
第一三共は、研究開発、サプライチェーン、マーケティングなど、さまざまな業務において、企業間で機密情報の管理・配信を行う仕組みとして、今回「IntraLinks Exchanges」を採用しました。

■背景■
製薬業界では、近年増加しているM&Aや競争が激化している新薬開発、ならびに急務となっている戦略的販売体制の構築などにおいて、極めて機密性の高い情報を社内外で管理・配信するニーズが高まっています。
第一三共は、業務提携先、業務委託先、共同開発先等、国内外のパートナー会社等と機密情報を共有する基盤として、企業のITリソースに追加コストをかけることなく利用できることを条件に、新たなソリューションを検討してきました。

■「IntraLinks Exchanges」について■
ISIDは、これまで主にシンジケートローン※1向け及びM&A案件向けにIntraLinks社が提供するインターネット上で大量のドキュメントを安全かつ効率的に配信する仕組み「IntraLinks Exchanges」を提供してきました。本サービスはアウトソーシングサービスなどの受託業務に関する内部統制を評価するための監査基準である米国公認会計士協会(AICPA)の監査基準書に基づく「SAS70 タイプ2」(日本の18号監査に相当)の認証※2を受けています。ユーザ認証、暗号化等による高いセキュリティレベルと、厳格な機密情報管理に十分対応できる機能は高く評価され、これまでメガバンクや大手証券会社に採用いただいています。
2009年4月には日本語と英語の二ヶ国語対応の機能を追加したほか、100ヶ国語以上のグローバルカスタマーサポートにより、国際間のM&A案件やグローバル経営を推進するお客様企業の機密情報管理に貢献しております。
「IntraLinks Exchanges」は、ライフサイエンス/製薬業界の世界のトップ10企業にも採用されており、これらの導入、サポートにより培われた製薬業界の業務に関する高い知見も今回の採用のポイントとなりました。

■「IntraLinks Exchanges」導入の効果■
□インターネット上のセキュリティが担保された「IntraLinks Exchanges」に電子化された書類等を掲示することにより、関係者が効率的かつ安全に資料閲覧が可能となり、意思決定プロセスの迅速化を図ることが可能

□社外との文書共有におけるアクセス権限管理、証跡管理が可能

□IRM(Information Rights Management)機能により、ファイルの印刷、ダウンロード、スクリーンショットを禁止することが可能になり、情報の二次流出を防止

□ファイルの一括ダウンロード、一括アップロードが可能になり、ドキュメント配信の迅速化を実現

□直感的なインターフェイスにより、社内外の関係者にとり高い操作性を実現

□100ヶ国語以上のグローバルカスタマーサポートを提供


【第一三共 IT企画部長 池田康弘様 コメント】
今回、イントラリンクスのソリューションを導入し、ますます競争が激しくなる製薬業界において、社内外での情報のやり取りを安全かつ迅速にできるようになったことを大変嬉しく思います。我々は、業界最高水準の事業運営効率を実現し、今後、このプラットフォームを、様々な分野で戦略的に活用していく予定です。

<イントラリンクス・ワールドワイドセールス担当 エグゼクティブバイスプレジデントのロブ・ミューレン(Rob Mullen) コメント>
この度、弊社のソリューションを第一三共に採用していただき大変うれしく思います。このSaaS型のソリューションは、顧客に追加のハードウェアやソフトウェア、新しいITリソースなどを必要としません。そのため、顧客は非常にコスト効率に優れており、また短期間でのシステム立ち上げを実現することができます。今回の第一三共の決断は、製薬分野において多くの採用実績を持つ弊社のソリューションを評価いただいた結果だと確信しています。


※1 シンジケートローン:同一時期に同一条件で複数の金融機関が融資する形態。相対融資と違い、企業は一回の契約で複数の金融機関と取引でき、比較的多額の資金を調達できる。金融機関などにとっては新たな取引先の開拓につながるとともに、貸し倒れリスクを分散できる。

※2 SAS70:「SAS70」のレポートには、「タイプ1」と「タイプ2」の2種類があり、「タイプ1」では、アウトソーシングサービス事業者が、委託元企業の財務諸表監査に関係する自己の内部統制を記述し、独立監査人が、ある基準日において、内部統制が統制目標達成のために適切に設計され、整備されているかという点についての意見を表明する。「タイプ2」では、「タイプ1」のレポートに加え、独立監査人が、所定の期間を通じて内部統制が有効に運用されていたかどうかの検証を行い、その有効性について意見を表明する。


<第一三共について>
【社名】第一三共株式会社
【代表者】代表取締役社長 庄田 隆
【本社】 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号
【設立】 2005年9月
【事業内容】 医療用医薬品の研究開発、製造、販売等
【連結従業員】 29,272人(2009年9月30日現在)


<IntraLinks社について>
【商号】 IntraLinks, Inc.
【代表者】 J. Andrew Damico, Chief Executive Officer (acting)
【所在地】 150 East 42nd Street, 8th Floor, New York, NY 10017
【設立年月】 1996年6月
【事業内容】 Web上のIntraLinks Exchangesサービス提供
【主な事業所】 ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロンドン、フランクフルト、パリ、香港、シドニー、ブリスベン、東京
【利用者】約75万人


<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
【社名】株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
【代表者】代表取締役社長 水野 紘一
【本社】東京都港区港南2-17-1
【U R L】 (リンク »)
【設立】1975年
【資本金】81億8,050万円
【連結従業員】2,269人(2009年3月31日現在)
【連結売上額】751億4,800万円(2009年3月期) 
【事業内容】1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティングなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 VDRマーケティング部
TEL:03-6713-6167 E-Mail:g-intralinks-mktg@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 広報担当 森、李、入佐
TEL:03-6713-6100 E-Mail:g-pr@isid.co.jp

※本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社電通国際情報サービスの関連情報

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]