日本テラデータ、Teradataデータベース向けデータ暗号化ソフトウェア Protegrity DPSを販売開始

日本テラデータ株式会社 2010年03月02日

From PR TIMES

日本テラデータ、Teradataデータベース向けデータ暗号化ソフトウェアProtegrity DPSを販売開始
- 企業の情報漏えいや不正データアクセスを防止し、DWHの適用範囲を拡大 -



 日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川幸彦)は、米国Protegrity(プロテグリティ)社の暗号化セキュリティソフト「Protegrity DPS」をTeradataデータベース向けに3月2日から販売開始します。

 Protegrity DPSは、データの暗号化と暗号鍵の管理技術に優れ、Teradataデータベース・テーブルのカラム単位にデータを暗号化し、Teradataの主要な特徴である超並列処理による優れたスケーラビリティをサポートします。日本テラデータでは、TeradataデータベースとProtegrity DPSを組み合わせることで、より信頼性の高いデータウェアハウス(DWH)環境の構築を支援し、企業のエンタープライズDWHの実現を促進します。Protegrity DPSソフトウェアの価格は、Teradata SMPサーバーの単一ノード向け最小構成ライセンスで972万円(税別)からです。

 Protegrity DPSは、カラム単位でのデータ暗号化が可能で、管理ツールで設定されたセキュリティ・ポリシーに従って、ユーザーのデータ操作や閲覧権限を管理します。データベース管理者権限とセキュリティ管理者権限を明確に分け、不正なデータベースへのアクセスやデータの持ち出しによる不正利用を防ぎ、企業内の重要データの安全性を高めます。これにより、企業内の人事データや機密データなども必要なデータカラムのみ適切なユーザーに参照を開放することができるため、いままで以上に企業のDWHの利用範囲が拡大します。 
Protegrity DPSはPCI DSS、HIPPA(*注)などの国際的なセキュリティ基準に対応し、多くのTeradataユーザーへの導入実績を有しています。

<Protegrity DPSの特徴>
・ 高性能でスケーラブル - Teradataへのパフォーマンス上の影響を最小化
・ セキュリティ管理者とデータベース管理者の権限の分離
・ 統合されたセキュリティ・ポリシー管理
・ 特許を持つ暗号鍵管理
・ 統合されたコンプライアンスの監査やモニタリングとレポーティング

 Protegrity社のプレジデント兼最高経営責任者イエイン・カー氏は、「日本テラデータとのパートナーシップは、弊社の日本市場における重要な一歩です。データベース環境で機密データを安全に保持することは、世界中の企業にとって重要な要件であり、弊社にとってもエンタープライズDWH市場のリーダーであるTeradataのサポートは不可欠です」と述べています。

 日本テラデータはProtegrity DPSを国内で販売するにあたり、Protegrity社の販売代理店であり、既にサーバーの暗号化ツールの導入やコンサルティングに実績がある株式会社MONET(モネット)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 前野泰章)から販売支援の協力を受けます。金融業をはじめ全業種におけるDWHのセキュリティ強化を推進し、活用範囲拡大を目指します。

 なお、Protegrity社とMONET社は、日本テラデータが主催する国内最大級のDWHコンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2010」(3月5日ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催、参加無料)に協賛共同出展し、Protegrity DPSの紹介を行います。


(*注)
・PCI-DSS:クレジットカード業界のデータ保護基準。
・HIPPA:米国の医療情報の電子化の推進とそれに関係するプライバシー保護やセキュリティ確保に
ついて定めた法律。

# # #

MONET社について
株式会社MONETは、セキュリティおよびネットワークのソリューション・プロバイダーとして2002年12月に設立されました。海外の優秀なベンダーとのパートナーシップを中心に、セキュリティ関連のソフトウェアの販売、コンサルティング事業を推進しています。 (リンク »)

Protegrity社について
プロテグリティ・コーポレーションは、1996年 米国スタンフォードにて設立され、エンタープライズ・データ保護管理の分野をリードする製品を開発、世界中に300社を超える導入実績を持ちます。セキュリティ・ソリューション「Protegrity Security Suite」を国際的に展開しています。 (リンク »)

Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC)は、データウェアハウジング、データウェアハウス・アプライアンス、コンサルティング・サービス、および高度な企業向け情報分析技術を提供する世界最大規模の企業です。テラデータは世界60カ国以上でビジネスを展開しています。 (リンク »)  

日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。 (リンク »)

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本テラデータ株式会社の関連情報

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。