クレディセゾン、統合データ基盤に「Teradata VantageCloud on AWS」を採用

藤本和彦 (編集部)

2022-11-28 11:30

 日本テラデータは11月28日、クレディセゾンが統合データ基盤として「Teradata VantageCloud on AWS」を採用したと発表した。クレディセゾンでは、デジタルトランスフォーメーション戦略「クレディセゾン・デジタルトランスフォーメーション(CSDX)」の推進に活用していく。

 クレディセゾンは、1982年にクレジットカードの発行を開始し、約40年間にわたり経営理念に「サービス先端企業」を掲げ、カード業界の常識にとらわれないイノベーティブな発想で新たな商品・サービスを提供している。同社は、グループを含めて約3600万人のクレジットカード会員を有しており、現在は「Innovative」「Digital」「Global」を基本コンセプトに、リアルとデジタルを融合することでカスタマーサクセスの実現を⽬指す「総合⽣活サービスグループ」への進化を⽬指している。

 また、同社は「CSDX VISION」として「デジタル技術を活用し、現場の社員やお客さまがデータを活用し、データから顧客や業務をより正確に理解することで、ビジネスを変革・転換し、期待を超える感動体験を提供する」ことを掲げ、デジタル時代を先導する企業を⽬指し、全社横断型のDX推進体制の構築、デジタル人材の育成、内製化の推進などに取り組んでいる。

クレディセゾンの取り組んできたデジタル化
クレディセゾンの取り組んできたデジタル化

 Teradata VantageCloudは、CSDXを支える統合データ基盤として採用された。このデータ基盤を含め、クレディセゾンは基幹システムを含む全システムの8割をクラウド化する⽬標を掲げており、Teradata VantageCloudもAmazon Web Services(AWS)版が採用されている。現在は4000人以上のユーザーが使用しており、20以上のシステムとの連携や、非定型検索、定型検索、オンライン検索、バッチ処理などをTeradata VantageCloud on AWSが担っているという。

 クレディセゾンにおけるデータ活用が促進されたことにより、CSDXではさまざまな実績が生まれている。例えば、Teradata VantageCloud on AWSとデータ連携を行ったビジネスインテリジェンス(BI)ツールによるダッシュボードの構築や機械学習モデルなどを活用した不正検知の精度向上といった形で、ビジネスに貢献しているとしている。

クラウドを活用したデータ分析基盤の構築
クラウドを活用したデータ分析基盤の構築

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]