日本テラデータ、AI特化の新たなコンサルサービスを提供

ZDNET Japan Staff

2024-02-05 14:29

 日本テラデータは2月5日、AIを活用して日本企業の新規事業創生・業務拡張を推進するためのコンサルティングサービス「AI/MLイノベーションサービス」の提供を開始すると発表した。業界コンサルタント、ITアーキテクト、データサイエンティストで構成される専門チームが、業務課題の抽出からAIを活用するロードマップの策定までを短期間で実施する。

 同サービスは、生成AIをはじめとする最新のAI技術を活用して企業のデータを分析・活用することで、業務の効率化や新規事業の創出など、デジタル変革(DX)によるビジネス価値の向上を実現するためのコンサルティングサービスになる。各業界のトレンドや課題を熟知したコンサルタント、最適なシステムを企画・立案するITアーキテクト、AIなど最先端の高度なアナリティクスの活用とその実装を実現するデータサイエンティストなど、データ活用の上流・下流の全行程に精通した各領域の専門家らが企業のAIプロジェクトの推進を包括的に支援する。

 ビジネス課題の選定から、その課題を解決するために必要となるデータ、AIなどの分析技術、現状のテクノロジースタックの洗い出し、あるべきアーキテクチャーの策定と導入ロードマップ、費用対効果の概算算出などを10週間で実施する。

 ビジネス課題の選定には、企業特有のビジネス戦略、財務、業務プロセスなどを重視しつつ、同社が40年以上にわたり世界の企業に提供してきたデータ活用の事例、ユースケースを参考とすることで選定にかかる時間を短縮する。また、クラウド型データ基盤「Teradata VantageCloud」を活用し、全社レベルでDXやAI、データ活用を推進できる統合型のデータ分析基盤アーキテクチャーを設計・提案する。

 加えて、費用対効果の概算を算出・提示することで、企業は成果物として提案されるAI/ML、データ活用プロジェクトのロードマップと、その優先順位を投資対効果(ROI)ベースで検討・判断できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]