医療分野のバーコードスキャン

株式会社データリソース 2011年02月10日

リニアと2Dバーコードの利用拡大

医療産業は、近年、RFIDに大きく注目してきたが、医療機関などでは、臨床と臨床でないに関わらず、あるいはパッケージングや調剤の用途で、はるかに昔からバーコードを利用してきた。実に、バーコードの利用は増加傾向にあり、特にバーコードスキャナやソフトウェアのベンダには短期的に成長の機会があることは注目に値する。この調査レポートは、医療分野における1Dと2Dの両方のバーコードの利用について調査し、関連市場のビジネスチャンスを査定している。主要な調査項目は以下の通り。


●医療分野で利用できるバーコードのタイプと選択される技術
●医療分野で現在使用できるバーコードの規格と今後の計画
●医療分野のバーコードの主要な促進要因と影響を与える人/企業
●医療分野のバーコードの主要なアプリケーションとどのようなメリットがあるか
●今後の医療分野のバーコードの主要な市場傾向とビジネスチャンス


【調査レポート】
医療分野のバーコードスキャン:リニアと2Dバーコードの利用拡大
Barcode Scanning in Healthcare
The Rising Use of Linear and 2D Barcodes
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]