トライポッドワークス、株式会社トピアのGIGAPODを活用したファイル転送アプライアンス事例を公開しました

トライポッドワークス株式会社 2011年03月17日

トライポッドワークス株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:佐々木賢一、以下、トライポッドワークス)は、新製品開発試作 自動車 電機の株式会社トピアのGIGAPOD採用事例を公開しました。

全体の半分くらいはインド、中国、ブラジル、オーストラリアなどの海外の取引会社とファイル転送(共有)をしているトピア様にとって、回線事情が悪い海外とのファイル転送(共有)に強いGIGAPODは大変重宝しているそうです。一方でトピア様が取り扱うデータは発売前の自動車の情報も含まれているので、情報漏えいはトピア様にとって致命的な損害を受けることになります。GIGAPODを採用したことで、非常に高いコンプライアンスを運用の負荷を極力かけずに運営でききたとのことです。

詳細は以下のリンクをご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

トライポッドワークス株式会社

トライポッドワークス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]