複数スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC 2.0」「Microsoft Office 365 Exchange Online」との双方向の自動同期を提供

-主要製品との連携強化、生産性向上、業務円滑化で、スケジュール自動同期ソフト市場の拡大を目指す-

株式会社アプレッソ 2012年04月18日

株式会社 アプレッソ(本社:東京都文京区 代表取締役社長 長谷川礼司、以下 アプレッソ)は、複数スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC 2.0 (ピムシンク 2.0 以下 PIMSYNC)」のスケジュール自動同期先として「Microsoft Office 365 Exchange Online(以下 Office 365)を追加することを発表します。

今回、新たにPIMSYNCでのスケジュール自動同期が可能になったOffice 365は、Microsoft Office の共同作業および生産性向上ツールをクラウド経由で利用できるサービスです。PIMSYNCを利用することによって、Office 365のスケジュールと他の複数のベンダーから提供されるグループウェア、SFA、CRM、カレンダーソフトウェアとの予定に関する情報の自動同期を可能にし、ユーザー個人と組織全体の生産性向上と円滑な業務遂行に役立ちます。
Office 365連携機能は、PIMSYNCの標準パッケージに含まれて提供されます。


【PIMSYNC 2.0のOffice 365自動同期について】
PIMSYNCは、企業内に導入されているスケジュール機能を持つ異なるグループウェア、SFA、CRM、スケジュール管理ソフトに分散登録された個人のスケジュール情報をシステム間で自動同期します。

今回、自動同期の連携先として、新たに「Microsoft Office 365 Exchange Online(Office 365)」を追加します。PIMSYNC 2.0は、既に、Microsoft Exchange Server 2003/2007/2010、IBM Lotus Notesの各バージョン、Salesforce CRM 、eセールスマネージャー、Google Calendar、サイボウズ ガルーン 3(有料オプション)との連携をサポートし、複数のスケジュールを利用時の矛盾、重複入力の問題を回避、予定に関する業務効率化に役立ちます。


【PIMSYNCについて】
PIMSYNCは、株式会社アプレッソが製品化し、2009年5月より提供した複数スケジュールの自動同期を行うソフトウェアです。企業内には、スケジュールやカレンダー機能を持つ複数のグループウェア、SFA、CRMなどが混在し、併用されていることがよくあります。PIMSYNCは、このような複数のスケジュール機能に別々に登録されている情報を各製品間で自動同期する製品です。PIMSYNCの情報は、アプレッソWebをご参照ください。
PIMSYNC製品Webサイト:   (リンク »)


【PIMSYNC 2.0の連携先】
(基本パッケージで提供)
・(新規)Microsoft Office 365 Exchange Online (マイクロソフト製品)
・Microsoft Exchange Server 2003/2007/2010 (マイクロソフト製品)
・Lotus Notes / Domino 6.5 , 7, 8, 8.5(IBM製品)
・Google Calendar※注:カレンダー連携のみ Google Appsのカレンダー機能を含む(Google製品)
・eセールスマネージャー Ver.7/ Remix Cloud(ソフトブレーン製品)
・Salesforce Sales Cloud ※Enterprise Edition以上(Salesforce.com製品)
(有料オプション)
・サイボウズ ガルーン 3 (サイボウズ製品)


【日本マイクロソフト株式会社からのご推薦文】
今回の発表について、日本マイクロソフト株式会社より、ご推薦をいただいています。

「日本マイクロソフトは、今回のアプレッソのスケジュール自動同期製品「PIMSYNC 2.0」の Microsoft Office 365 における Exchange Online との連携機能が提供されることを歓迎いたします。
Office 365 と他のシステムとのスケジュール自動同期がより簡単に実現することによって、多くのお客様の作業の効率化、生産性の向上、そしてより円滑なコミュニュケーションに両社の提供する製品とサービスが貢献できることを期待しています。」

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 Office ビジネス本部 本部長 ロアン・カン


【製品情報】
■製品名 :PIMSYNC 2.0 Microsoft Office 365 Exchange Online連携サポート
■出荷開始日 :2012年4月18日
■価格(一括払ライセンス/税別):       
■PIMSYNC 基本パッケージ 30ユーザーパック 30万円より 
年間ソフトウェアサポートサービス料金は 初年度より購入ライセンス料金の20%
■販売代理店 :PIMSYNC販売代理店   (リンク »)


【株式会社アプレッソについて】
株式会社アプレッソ  〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  長谷川 礼司    設立: 2003年12月   資本金: 2億6700万円

「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider」は発売以来、国内1500社以上のお客様にご導入いただいております。(2012年3月末現在)
アプレッソは、多くの販売パートナーとの協業により、広範な業種、業態の企業ユーザーの開発生産性とコスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問合せ】
株式会社アプレッソ 企画部  担当:伊藤、桑田  TEL: 03-4321-1111   FAX: 03-4321-1112
E-Mail: info@appresso.com    アプレッソWeb:  (リンク »)


【商標関連】
・APPRESSO、DataSpider、PIMSYNC、アプレッソ、データスパイダーは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

Office 365との自動同期も可能になったPIMSYNC 2.0

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]