編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

PaaS「kintone」と連携ソフト「DataSpider Servista」にアダプタ

田中好伸 (編集部)

2013-04-19 16:13

 サイボウズのPaaS「kintone」とアプレッソのデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」の連携アダプタ「DataSpider Servista kintoneアダプタ」が開発された。6月からベータ版が提供され、今秋から正式版がリリース予定となっている。税別価格は145万円からを予定。4月18日に発表された。

 kintoneはAPIを介して外部のシステムとデータを連携させる仕組み。APIを使った個別開発は、案件固有の仕様を実現できるが、要件定義から開発、納品までの開発期間が長くなり、開発コストも増加する傾向がある。連携先のシステムが変更になると、メンテナンスの必要性から新しい開発コストが発生することもある。

 アプレッソのDataSpider Servistaは、さまざまなアダプタ群が用意されており、データベースやファイルシステム、アプリケーション、プロトコル、グループウェアなどさまざまなデータフォーマットへのアクセスが可能。必要なデータの抽出や変換、新システムへの格納といった一連の作業をシームレスにできることがメリット。今回のkintoneアダプタは、DataSpider Servistaが持つアダプタと組み合わせることで、kintoneとデータベースやプラットフォームの連携が可能になる。

 CSVやExcelなどのファイルをはじめ、Oracle DatabaseやSQL Serverなどのデータベース、SAPやNotes/Dominoなどのアプリケーション、SalesforceなどのSaaS、Amazon Web ServicesやWindows AzureなどのPaaS、Active DirectoryやLDAP、データウェアハウスやビジネスインテリジェンスなど多種多様なデータソースと連携できるという。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]