編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

バッチ処理フレームワーク「Asakusa」とEAIソフト「DataSpider」が連携可能に

田中好伸 (編集部)

2012-07-03 17:10

 ノーチラス・テクノロジーズとアプレッソは7月3日、バッチ処理フレームワーク「Asakusa Framework」とデータ連携(EAI)ソフトウェア「DataSpider Servista」の連携が可能になったと発表した。実証実験で確認した。

 Asakusaは、分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」上で基幹バッチ処理を行うためのフレームワーク。大容量データを多数のサーバに分散して並列処理させることが可能になる。

 DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単につなげられ、GUIでプログラミングすることなく開発できる。SAP製アプリケーションやLotus Notes、データベースやパブリッククラウド連携などを連携できる。

 今回、AsakusaのHDFS連携ツール「Direct I/O」とアプレッソの連携アダプタ「HDFSアダプタ」(DataSpiderの新機能として下半期から提供予定)の連携を実現させている。基幹システムとHadoopのデータ連携環境構築のスピードアップ、クラウド上のHadoopクラスタを利用して、基幹バッチ実行をより高速化できるという。

連携イメージ

 日本企業でも、Hadoopを利用したシステムが普及、拡大しつつあるが、現時点では既存システムとHadoopの連携手段が十分に整っておらず、大量の基幹システムのデータをどう収集し、どう配信すべきかが課題になっている。

 加えて、オンプレミス環境でHadoopクラスタを構築するためには、多数のハードウェアを用意する必要がある。インフラ導入費用や時間短縮のためにもバッチ処理の時間帯だけクラウド環境を有効に利用することが求められている。今回の連携は、そうした課題に対応することを目指している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]