【テレビ会議導入事例】サンワコムシスエンジニアリング株式会社様

MCUとテレビ会議システムの導入で大幅なコスト削減と円滑な会議進行を実現

VTVジャパン株式会社 2012年05月11日

VTVジャパン株式会社はサンワコムシスエンジニアリング株式会社様へRADVISION社のMCU及びテレビ会議端末を導入し、大幅な出張コストの削減と会議進行の改善を実現しました。 その詳細な内容を導入事例としてホームページにて公開しました。

VTVジャパン株式会社(代表取締役社長:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、サンワコムシスエンジニアリング株式会社様(代表取締役社長:奥 要治 所在地:東京都杉並区)へ、RADVISION社製のMCU及びテレビ会議システムを販売、本日導入事例をホームページにて公開しました。
 
 サンワコムシスエンジニアリング株式会社様では、今まで本社など一ヶ所の会議室に集合したり、電話会議を利用したりして会議を開催していました。このため出張費や通信費がかなりの負担となり、また電話会議には資料共有機能がないため、会議の進行にもストレスがありました。
 費用が月額固定のインターネット回線を利用でき、資料映像も共有できる会議ツールとして、テレビ会議の導入を検討、低コストであること・他社製品との互換性があること・設備投資費用を約2年間で回収することを条件として、機種の選定を行うことになりました。
 さまざまなテレビ会議システムを比較検討した結果、RADVISION社製SCOPIA Elite MCU 5110 Bundleとエンドポイント・SCOPIA XT1000が、製品の性能・品質面及び音声・映像・運用方法ともに十分で上記条件を満たすと判断され導入が決定しました。
 テレビ会議専用端末であるSCOPIA XT1000は本社のみに設置し、その他支店15拠点ではMCUに付属されるSCOPIA Desktopを利用することで、コスト削減を実現しました。
 役員会議や本社・支店間会議、全拠点接続による安全朝礼会議などにテレビ会議システムを活用されており、ディスカッション目的の会議はテレビ会議での開催が必須と言われるようになりました。 以前は担当者が支店に出向いていた法務相談なども、相手の表情が見えることで遠隔でもスムーズに行うことができ、時間と出張コストの削減に役立っています。
 
 VTVジャパンでは、さらに快適・拡張化したご提案を差し上げると共に、今後もテレビ会議システム運営のお手伝いをさせていただきます。


事例の詳細は下記のページをご参照ください。
(リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
電子メール:mktg@vtv.co.jp
ホームページ: (リンク »)
マーケティング担当 : 大川・山田

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このプレスリリースの付帯情報

テレビ会議室 風景

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

VTVジャパン株式会社の関連情報

VTVジャパン株式会社

VTVジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]