ビデオコミュニケーションのインターオペラビリティに優れたクラウドサービス 「Pexip Service(ペクシプ サービス)」提供開始

VTVジャパン株式会社

2019-06-17 16:00

VTVジャパン株式会社(代表取締役:栢野正典 本社:東京都千代田区 以下、VTVジャパン)は、Pexip AS(CEO:Odd Sverre Østlie 本社:ノルウェー 以下、Pexip社)が提供するテレビ会議クラウドサービス「Pexip Service(ペクシプ サービス)」の取り扱いを本日より開始しました。
Pexip Serviceは、Pexip社が開発したオンプレミス型テレビ会議接続サーバーPexip Infinityをクラウド環境で利用できるサービスです。テレビ会議システムやPC、スマートフォンなどから参加して多地点会議を行えるほか、Microsoft Teams、Skype for Business、Google Hangouts Meetといった企業内で利用されているコミュニケーションツールとの接続連携が可能です。企業が抱える複数のビデオコミュニケーションツールのサイロ化という課題を解消し、さまざまなデバイス、場所からの会議参加を実現します。

Pexip Serviceの特長
・年間サブスクリプション契約で、必要に応じた多地点会議が可能
・低帯域でも高画質通話が可能
・各メーカーのテレビ会議システム・PC・タブレット・スマートフォンなどマルチデバイス接続に対応
・Microsoft Teams、Skype for Business、Google Hangouts Meetなど、異なるコミュニケーションツールの統合を実現

30日間のトライアルを提供
本番と同じ環境でPexipソリューションをご体感いただけるように最大30日間のトライアルを無料で提供します。また、VTVジャパンは、Pexip社の正規代理店である立場を活かし、利用者に日本語対応のサポートデスクを提供します。

Pexip ASについて
Pexip ASは、TANDBERG社やCisco社で20年以上のキャリアを培ったメンバーが中心となり、2012年4月に設立されました。2013年に発売されたオンプレミスタイプの自社開発ソリューション・Pexip Infinityは、アメリカやヨーロッパを中心に多くの大企業や大学などで利用されています。2019年6月時点で、MicrosoftとGoogleの両社からビデオ相互接続パートナーとして認定されている世界唯一の企業です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]