社会から求められる心技の磨かれた学生を、共に育てる~明星大学情報学部、ウチダ人材開発センタ、CompTIA、産学協同キャリア教育プログラム実施~

CompTIA日本支局 2012年06月20日

明星大学 情報学部、株式会社ウチダ人材開発センタ、CompTIAは、社会から求められる学生の輩出を目指し、産学協同によるキャリア教育プログラムを展開することを発表しました。このプログラムは、これまでの講義のみならず、より現場に近いスキルを補完し、また企業や現場のエキスパートとの接点を設けることによって、就業意識を高めた上で就職活動に臨む機会を創出するものです。

2012年6月20日 東京


報道関係 各位



社会から求められる心技の磨かれた学生を、共に育てる
~明星大学情報学部、ウチダ人材開発センタ、CompTIA、産学協同キャリア教育プログラム実施~


明星大学(東京都日野市/学長:小川 哲生)情報学部、株式会社ウチダ人材開発センタ(本社:東京都中央区/代表取締役社長:宮原 良幸、以下UHD社)、CompTIA(本部:米国イリノイ州/日本支局長:清水 秀彦)は、社会から求められる学生の輩出を目指し、産学協同によるキャリア教育プログラムを展開することを発表しました。このプログラムは、これまでの講義のみならず、より現場に近いスキルを補完し、また企業や現場のエキスパートとの接点を設けることによって、就業意識を高めた上で就職活動に臨む機会を創出するものです。


同プログラムでは、UHD社が今までのIT企業への研修実績とネットワークを生かした全体のコーディネートを担当し、明星大学情報学部の学士力(※1)の向上を念頭に置いたカリキュラムや、通常のキャリア教育を踏まえた上で、社会から求められる学生をゴールに見据え、補完すべきプログラムを立案しています。このプログラムには、以下のような内容が含まれています。


1. 補完すべき実践的テクニカルスキルとして、CompTIA Strata IT Fundamentals、CompTIA A+の取得。
2. ICT業界研究、現状と社会人としてあるべき姿のギャップの自己分析。
3. 社会人としてのロジカルコミュニケーションスキルの理解。
4. 「CompTIA アカデミックミーティング」(※2)の開催。現場のエキスパートとの交流による2の落とし込みと就業意欲の向上
5. CompTIA Strata IT Fundamentals、CompTIA A+の取得者を対象とした、インターンシップの機会提供。
6. プログラム全体でのフォローアップ。


UHD社取締役ラーニングソリューション事業部長の冨田伸一郎氏は、「SEを志望していても職種に対して漠然としたイメージしか持っていない学生の皆様が多いのが現状です。今回のキャリアプログラムは、実務で通用するための具体的プログラムを提供し、ICT企業で身につけるべきスキル習得と早くから自分の進むべき方向や仕事を明確に見出すことができる画期的なプログラムです」と、このプログラムの効果を期待しています。


※1 学士力・・・学部、学科での研究分野、専門知識を磨く
※2 CompTIA アカデミックミーティング・・・CompTIA SMEコミュニティ(CompTIA認定資格の開発に携わる現場のエキスパート)が学生の就業意識やスキルアップの向上を目的とした、学生との交流イベント
   【参考URL】  (リンク »)


<認定資格概要>
CompTIA Strata IT Fundamentals: あらゆる業種、業務で仕事に集中できるだけのPCの運用力を問う。PCコンポーネンツの識別や利用用途の理解、各種設定、ソフトウェアインストールの実行、互換性により発生する障害の特定、セキュリティリスクの認識および予防など。
試験時間 60分 / 問題数 70問 / 受験料 9,290円(税込、アカデミック割引:5,250円)
(リンク »)


CompTIA A+: PCクライアントの構築、運用管理業務に必要とされるソフトウェアとハードウェアの両面における基本的知識とスキル、トラブルシューティングスキルなどを評価する認定資格。ワールドワイドで70万人以上が取得。※「A+ Essentials」「A+ Practical Applications」2科目合格で認定。
試験時間 90分 / 問題数 100問 / 受験料 21,455円/1科目 (税込、アカデミック割引:7,140円/1科目)
(リンク »)


【明星大学について  (リンク ») 】
明星大学は、「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」を建学の精神に掲げる、明星学苑の高等教育機関として1964年に誕生しました。これまで、「自己実現を目指し社会貢献ができる人の育成」を教育目標に、次代を担う若人の育成を行ってまいりました。本学が考える「社会に貢献できる人」とは、自ら問題を見いだし、その解決に向けて取り組むことのできる判断力と実行力を持った人であり、その結果として社会に貢献できる人のことを言います。それは、現実の問題に直面し、自分で体験し解決して初めて身につくものです。その為に、本学では体験教育を特に重視し、「自立と体験」などのさまざまな体験プログラムを導入しています。


【株式会社ウチダ人材開発センタについて  (リンク ») 】
1996年設立当初より「人の可能性を追求する」ことをテーマに、人材派遣業・教育業を柱とし、人材育成のトータルプランをご提案して参りました。オフィス・ICT・教育の3事業を中核とする内田洋行グループにて、40年にわたり実践した人材育成の経験とノウハウを活かし、お客様に新しい価値を提案できる人材育成プランをご提供しています。


【CompTIAについて  (リンク »)  】
1982年にIT業界団体として発足したCompTIAは、IT政策の策定協力やIT業界全体の活性化、12分野におよぶCompTIA認定資格を通し人材の育成などをミッションとする非営利団体です。米国シカゴ本部を中心に世界に14の拠点を持ち、2001年に日本支局が設立されています。


【CompTIA認定資格について  (リンク »)  】
1993年より提供開始されているCompTIA A+をはじめとするCompTIA認定資格は、業界エキスパートにより開発され、実践力、応用力を評価する認定資格として、法人を中心にワールドワイドで150万人以上に取得されています。CompTIA A+、Network+、Security+の3つの認定資格は、ISO 17011/17024の認定を受け、信頼性の高い認定資格として評価されています。 2012年6月現在、Network+など17分野におよぶ業務に関する認定プログラムを提供しており、法人を中心に広く活用されています。


【お問い合わせ先】
CompTIA日本支局  (リンク »)
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F
TEL:03-5226-5345 FAX:03-5226-0970
E-Mail:info_jp@comptia.org
担当:吉村 睦美


※会社名、資格名称、その他名称は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CompTIA日本支局の関連情報

CompTIA日本支局

CompTIA日本支局の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]