トライポッドワークス、OpenSSL「Heartbleed」脆弱性は製品に影響なし

トライポッドワークス株式会社 2014年04月16日

トライポッドワークスは、4月14日に全世界で問題になっているOpenSSL「Heartbleed」脆弱性(CVE-2014-0160)に同社が提供する製品で影響を受けないことを確認しました。

トライポッドワークスは、4月14日に全世界で問題になっているOpenSSL「Heartbleed」脆弱性(CVE-2014-0160)が同社の提供する製品に影響を受けないことを確認しました。

発表内容は、同社のWEBページ( (リンク ») )に掲載されています。

[影響なし] GIGAPOD OFFICEHARD
[影響なし] GIGAPOD2010
[影響なし] GIGAPOD3
[影響なし] DirectPOD
[影響なし] MAILSCREEN
[影響なし] SECUI NXG 100
[影響なし] SECUI NXG 150
[影響なし] SWIFTBOX

用語解説

2014年4月8日、オープンソースの暗号通信ライブラリである「OpenSSL」に情報漏えいの脆弱性が発見されました。この脆弱性を悪用された場合、本来秘匿すべき情報(暗号通信の内容や暗号に使う秘密鍵など)が漏えいする可能性があります。
詳しくは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)をご参照ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

トライポッドワークス株式会社

トライポッドワークス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。