ジェスチャー認識のカメラモジュールと認識エンジンを一体化~NSW、ジェスチャー認識の組込み機器用開発キットを販売開始~

日本システムウエア株式会社 2014年05月02日

From DreamNews

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、
代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、本日より「NSWジェスチャー認識」のカメラモジュールとジェスチャー認識エンジンを一体化した、組込み機器向け評価用SDK(ソフトウェア開発キット)の提供を開始いたします。
 
「NSWジェスチャー認識」は、電化製品や制御装置の操作、介護やデジタルサイネージなどの分野での利用を想定した非接触のユーザインターフェースです。赤外線LEDの点滅を利用して人の手の重心や指の本数を抽出し、その位置や動きによって機器の操作ができるという特徴を持っています。(特許第5156617号)

NSWでは2009年より本製品のWindows版の販売を行っていますが、このたびジェスチャー認識エンジンのアルゴリズムの最適化により処理速度の向上を図り、組込みプラットフォーム上に搭載、カメラモジュールと一体で実装することが可能となりました。これにより、手や指によるジェスチャーを用いる新たな機器や装置の開発を支援します。
 
今回販売を開始した組込み機器向け評価用SDKは、株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市、代表取締役:実吉智裕)製のインテリジェントカメラ向け組込みプラットフォーム「Armadillo-810 カメラモデル開発セット(型番: A8101-D00Z)」で動作し、同製品に搭載されたARM Cortex-A9プロセッサでジェスチャー認識に必要な、撮影、物体検出、認識のすべての処理を行います。また、QVGAのカラー画像を約25fpsで認識(※)し、自然な操作感を実現します。
※性能は組込みプラットフォームのCPUなどに依存します。


■「NSWジェスチャー認識」と組込み機器向け評価用SDKのイメージ

組込み機器向け評価用SDKはオープン価格です。「Armadillo-810」以外の組込みプラットフォームへのポーティングも行います。初年度、100件の販売を目指しています。

なお、NSWは5月14日(水)~16日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第17回組込みシステム開発技術展」(ブース番号:西7-6)において、今回発表した「NSWジェスチャー認識」組込み機器向け評価用SDKを紹介します。

以上


■関連リンク
 「NSWジェスチャー認識」について  (リンク »)
 「NSWジェスチャー認識」動画デモ  (リンク »)

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発を手掛けています。また、製造業、金融保険業、物流業向けなどの基幹システムや各種業務システムの構築、運用・保守サービス、自社データセンターでのアウトソーシングサービスもワンストップで提供しており、これらの実績を生かしたクラウドサービスを展開しています。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■製品内容に関するお問い合わせ先

NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第二営業部:澤田
TEL:03-4335-2610
FAX:03-4335-2651
E-mail:Embedded-Info@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:太田、河岸
TEL:03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]