オートデスク、建築・土木業界向けパッケージ新バージョンを発売

BIM/CIMを適用した業務効率向上を支援

オートデスク株式会社 2014年05月07日

オートデスク株式会社は、建築・土木インフラ業界向けBIM/CIMアプリケーションのパッケージ新バージョン「Autodesk(R) Building Design Suite 2015」(オートデスク ビルディング デザイン スイート)と、「Autodesk Infrastructure Design Suite 2015」(オートデスク インフラストラクチャー デザイン スイート)を5月8日より順次発売します。

今回発売する2種類のパッケージは、建築および土木業界の広範な業務ワークフローにBIM/CIMを適用しながら、企画、設計、施工、維持管理を効率的に行えるように支援するパッケージです。また、当社のクラウド サービス「Autodesk 360」を必要に応じて組み合わることで、高度なチームコラボレーションやシミュレーションなどの機能を利用できますので、時間や場所、使用する端末の種類を気にすることなく、プロジェクトの業務に参加できるようになります。


==============================
「Autodesk Building Design Suite 2015」(建築業界向けパッケージ)

==============================
エディション名:Standard(スタンダード)

発売予定日:5月9日

希望小売価格(税別):805,000円

含まれるアプリケーション名:
・Autodesk AutoCAD(R) Structural Detailing (オートデスク オートキャド ストラクチュラル ディテーリング)
(構造詳細設計向けアプリケーション、英語版)

・Autodesk AutoCAD (オートデスク オートキャド)
(汎用2D/3D CADアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD Architecture (オートデスク オートキャド アーキテクチュア)
(建築向け2D作図CADアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD MEP (オートデスク オートキャド エムイーピー)
(設備設計向け設計アプリケーション、英語版)

・Autodesk AutoCAD Raster Design (オートデスク オートキャド ラスター デザイン)
(ラスター編集、ベクター形式へのデータ変換アプリケーション)

・Autodesk ReCap(TM) (オートデスク リキャップ)
(点群データを編集/可視化するデスクトップ アプリケーション)

・Autodesk Showcase(R) (オートデスク ショーケース)
(フォトリアリスティック レンダリング アプリケーション)


==============================
エディション名:Premium (プレミアム)

発売予定日:5月13日

希望小売価格(税別):950,000円

含まれるアプリケーション名:
上記「Standardエディション」に含まれるアプリケーションに加え、「Premiumエディション」には下記のアプリケーションが含まれます。

・Autodesk Revit(R) (オートデスク レビット)
(BIMアプリケーション)

・Autodesk Navisworks(R) Simulate (オートデスク ナビスワークス シミュレート)
(プロジェクトレビュー向けアプリケーション)

・Autodesk 3ds Max(R) Design (オートデスク スリーディーエス マックス デザイン)
(3D CG、アニメーション制作向けアプリケーション)


==============================
エディション名:Ultimate (アルティメイト)

発売予定日:5月22日

希望小売価格(税別):1,460,000円

含まれるアプリケーション名:
上記「Premiumエディション」に含まれるアプリケーションに加え、「Ultimateエディション」には下記のアプリケーションが含まれます。

・Autodesk Robot(TM) Structural Analysis Professional (オートデスク ロボット ストラクチュラル アナリシス プロフェッショナル)
(構造解析アプリケーション)

・Autodesk Navisworks(R) Simulate (オートデスク ナビスワークス シミュレート)
(プロジェクトレビュー向けアプリケーション)

・Autodesk 3ds Max(R) Design (オートデスク スリーディーエス マックス デザイン)
(3D CG、アニメーション制作向けアプリケーション)

・Autodesk InfraWorks(R) (オートデスク インフラワークス)
(都市・宅地開発や土木・インフラ整備など向けCIMアプリケーション)

・Autodesk Inventor(R) 2014 (オートデスク インベンター)
(3Dメカニカル設計用アプリケーション)

・Autodesk Navisworks Manage (オートデスク ナビスワークス マネージ)
(干渉チェックも可能なプロジェクトレビュー向けアプリケーション)
※「Ultimateエディション」では、「Premiumエディション」に含まれるAutodesk Navisworks(R) Simulateに代り、Autodesk Navisworks Manageが含まれます


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

==============================
「Autodesk Infrastructure Design Suite 2015」(土木業界向けパッケージ)

==============================
エディション名:Standard(スタンダード)

発売予定日:5月8日

希望小売価格(税別):805,000円

含まれるアプリケーション名:
・Autodesk AutoCAD Map 3D (オートデスク オートキャド マップ スリーディ)
(公共インフラ、土木設計計画向けアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD (オートデスク オートキャド)
(汎用2D/3D CADアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD Raster Design (オートデスク オートキャド ラスター デザイン)
(ラスター編集、ベクター形式へのデータ変換アプリケーション)

・Autodesk ReCap (オートデスク リキャップ)
(点群データを編集/可視化するデスクトップ アプリケーション)

・Autodesk Storm & Sanitary Analysis (オートデスク ストーム アンド サニタリー アナリシス)
(Map 3D、Civil 3D用雨水および水質シミュレーション モジュール、英語版)

・Autodesk Navisworks Simulate (オートデスク ナビスワークス シミュレート)
(プロジェクトレビュー向けアプリケーション)


==============================
エディション名:Premium (プレミアム)

発売予定日:5月8日

希望小売価格(税別):950,000円

含まれるアプリケーション名:
上記「Standardエディション」に含まれるアプリケーションに加え、「Premiumエディション」には下記のアプリケーションが含まれます。

・Autodesk InfraWorks (オートデスク インフラワークス)
(都市・宅地開発や土木・インフラ整備など向けCIMアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD Civil 3D (オートデスク オートキャド シビル スリーディ)
(土木設計向け2D/3D CADアプリケーション)

・Autodesk AutoCAD Utility Design (オートデスク オートキャド ユーティリティ デザイン)
(配電設計アプリケーション、英語版)

・Autodesk Revit Structure (オートデスク レビット ストラクチャ)
(構造設計向けBIMアプリケーション)

・Bridge Module (ブリッジ モジュール)
(Civil 3D用橋梁設計モジュール)

・Geotechnical Module (ジオテクニカル モジュール)
(Civil 3D用ボーリングデータのインターフェース、英語版)

・Rail Layout Module (レイル レイアウト モジュール)
(Civil 3D用鉄道軌道設計モジュール、英語版)

・Autodesk 3ds Max Design (オートデスク スリーディーエス マックス デザイン)
(3D CG、アニメーション制作向けアプリケーション)


==============================
エディション名: Ultimate (アルティメイト)

発売予定日:5月8日

希望小売価格(税別):1,460,000円

含まれるアプリケーション名:
上記「Premiumエディション」に含まれるアプリケーションに加え、「Ultimateエディション」には下記のアプリケーションが含まれます。

・Autodesk Revit (オートデスク レビット)
(BIMアプリケーション)
※「Ultimateエディション」では、「Premiumエディション」に含まれるAutodesk Revit Structureに代り、Autodesk Revitが含まれます

・Autodesk Robot Structural Analysis Professional (オートデスク ロボット ストラクチュラル アナリシス プロフェッショナル)
(構造解析アプリケーション)

・River and Flood Analysis Module (リバー アンド フラッド アナリシス モジュール)
(Civil 3D用河川および洪水シミュレーション モジュール、英語版)

・Autodesk Navisworks Manage (オートデスク ナビスワークス マネージ)
(干渉チェックも可能なプロジェクトレビュー向けアプリケーション)
※「Ultimateエディション」では、「Premiumエディション」に含まれるAutodesk Navisworks(R) Simulateに代り、Autodesk Navisworks Manageが含まれます


==============================

※希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税別)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。

※ オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合わせください。


以上



オートデスク株式会社概要
本 社:東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立:1985年4月1日
資 本 金:1億円
ホームページ: (リンク »)

Autodesk, Inc.会社概要
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す ―― オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザーまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。

Autodesk、3ds Max、AutoCAD、Civil 3D、InfraWorks、Inventor、Navisworks、ReCap、Revit、Robot、Showcaseは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(c) 2014 Autodesk, Inc. All rights reserved.


###

このプレスリリースの付帯情報

Autodesk Building Design Suite イメージ画像

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オートデスク株式会社の関連情報

オートデスク株式会社

オートデスク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]