santec、モバイルデバイス向け革新的誤入力修正ソリューションの日本展開を目指し、韓国Keukey, Inc.と業務資本提携契約を締結

santec株式会社 2014年06月02日

From DreamNews

santec株式会社(東証JASDAQ 6777、本社:愛知県小牧市)は、革新的なキーボード誤入力修正技術を提供する、韓国のKeukey, Ink. との間で、同社の製品販売ならびに技術のライセンス供与に関する日本での独占販売権を取得し、また、同社への出資について契約を締結いたしました。6月2日より、日本国内において、同技術に関する提案業務を開始いたします。

Keukey, Ink. (大韓民国ソウル特別市、代表者 キム・ミンチュル社長)は、2013年7月創業の、モバイルデバイスでのキーボード入力に関するソリューション技術開発を主な事業とするベンチャー企業です。
物理的ボタンを持たないモバイルデバイス上のキーボード入力においては、誤入力が多く発生し、その結果、作業効率が大幅に低下するばかりか、品質も期待できないものとなりがちです。これに対し、辞書機能を高め、先読み変換などで解決を試みるのが一般的ですが、逆に、新たな誤入力の原因となっております。
Keukey社技術の発想は、誤入力を減らすのではなく、誤入力が発生したあとの修正作業負荷を劇的に軽減することで、作業効率と品質を向上させるというものです。文字の修正にあたり、タップによるカーソル移動や、バックスペースキーに頼らない、画期的かつ直感的な修正メソッドを提供します。

当社は、この技術が日本のモバイル環境に大きな革新をもたらすと分析し、このたび、同技術の日本における展開に関して、Keukey社と独占販売契約を締結いたしました。今後、Keukey社と密接な連携を行い、日本市場のニーズにあわせた製品のリリースをサポート、日本のお客様に、快適で効率的な文字入力体験をお届けする予定です。
また、お客様に当該技術を安心してご採用いただくために、Keukey社の経営環境を磐石なものとし、また、Keukey社の関係を一層緊密なものとすることで、日本語版の早期リリース実現を目指して、当社はKeukey社に出資することといたしました(出資額及び持分割合については非公開)。

今後、当社は、Keukey社と連携し、同技術の日本語キーボード上での実現を急ぐと同時に、6月2日より、日本での営業活動を開始いたします。文字入力の現場に同技術の提案を行うことを通じて、モバイルデバイスだけなく、さまざまなキーボード入力の現場に、快適かつ効率的な文字入力手法を提供し、かつてない新しい文字入力体験による、作業効率と品質向上に寄与することを目指します。


Keukey, Inc.社について
2013年7月創業。本社 韓国ソウル特別市。代表者はキム・ミンチュル社長。キーボード誤入力修正ソリューションに関するソフトウェア開発業。バックスペースや、カーソル移動操作に頼らない誤入力修正に関する独自の技術と知的財産権を有する、意欲的ベンチャー企業として注目を浴びています。
WEBサイト: (リンク »)

本件に関するお問合せ先
santec株式会社
ソリューションビジネスユニット 杉本
Tel. 0568-79-3535


santec株式会社について: santec株式会社は1979年創業の光部品・光測定器製造販売企業です。東証JASDAQ市場上場。従業員数135名(連結)。本社は愛知県小牧市で、販売子会社として米国(ニュージャージー州)、英国(ロンドン)、中国(上海市)に拠点があります。1984年に世界初の光ファイバ検査装置を世に送り出し、現在では世界30カ国以上への販売実績があるほか、光技術を応用したOCT(光干渉断層画像)製品でも高い評価を得ている、光技術のパイオニア企業です。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]