Nikkei Asian ReviewがオフィシャルメディアパートナーとしてStartup Asia Tokyo 2014 に参加

Nikkei Asian Review 2014年06月05日

From JCN Newswire

Tokyo, June 5, 2014 - ( JCN Newswire ) - アジアのテクノロジーに関する代表的なメディア Tech in Asiaは、同社が日本で開催するStartup Asia Tokyo 2014に、日本経済新聞社が発行する英文媒体Nikkei Asian Reviewがオフィシャルメディアパートナーとして参加することを発表しました。

Startup Asia Tokyo 2014は、9月3日(日)と4日(月)の2日間、東京・渋谷ヒカリエで開催されるカンファレンスです。アジアのテクノロジーやスタートアップ業界に注目し、日本とアジア各国のテクノロジーコミュニティーの橋渡し役を担うことを目的としています。同カンファレンスはシンガポールとインドネシアでも年に1度開催されています。

Startup Asia Tokyo2014では、世界各国からのテクノロジー業界のリーダーを講演者として迎える予定です。

- 孫 泰蔵 MOVIDA JAPAN株式会社 代表取締役社長兼 CEO
- 南場 智子 株式会社ディー・エヌ・エー 取締役 創業者
- 田中 良和 グリー株式会社 代表取締役
- ケビン・ヘイル Yコンビネーター パートナー
- 岡村 陽久 株式会社アドウェイズ設立者 代表取締役社長CEO
- ロバート・ラングGengo CEO 創業者
- マシュー・ロメインGengo CTO 創業者
※ 講演者は随時追加予定です。

Nikkei Asian Reviewはオフィシャルメディアパートナーとして同カンファレンスにて発行人や編集者が登壇し、講演者らへのインタビューなどを担当する予定です。カンファレンスは日本語、英語の両方で行われ、会場では日英/英日の同時通訳を提供します。

小柳建彦 Nikkei Asian Review発行人のコメント
「Tech in Asiaに協力できることはとても喜ばしいことです。これは日経がアジアのテクノロジーやスタートアップ企業に関する報道を強化する大きな一歩だと考えています。Tech in Asiaはアジアのテクノロジー環境の報道と発展のためにすばらしい役割を果たしています。日経もぜひこの役割の一助を担いたいと考えています。」

ウィリス・ウィー Tech in Asia CEO ファウンダーのコメント
「日経という影響力の大きなメディア企業とコラボレーションすることで、成長を続けるアジアのビジネス環境への注目が確実に高まります。日経とのパートナーシップが、私たちの企業理念の達成に役立つことを期待しています。日経と我々の理念を共有できてとても嬉しいです」

Startup Asiaでは、恒例となっているスタートアップ企業によるアリーナピッチバトル、スタートアップ企業と投資家のスピードデートセッション、アジア各国からのスタートアップ企業100社が集まる大規模展示も実施されます。

アリーナではアジアから厳選されたスタートアップ企業10社が投資や注目、名誉を得るためのプレゼンテーションに挑みます。過去の大会では数千社の応募があり、東京大会でも数百の応募を見込んでいます。応募締め切りは、2014年8月8日。詳細はこちらです:
( (リンク ») )

現在、早期登録割引を実施しています。プロモーションコード “NIKKEI” をチケット購入時に入力すれば、定価の25%引きで本カンファレンスの入場券を購入できます。詳細はオフィシャルサイトまで:( (リンク ») )。

本イベントのスポンサーを希望される企業は、Tech in Asiaチームまでメールでご連絡ください( bizdev@techinasia.com )。現在Global Brain、Softlayerのスポンサーが決定しています。

Nikkei Asian Review について

日本経済新聞社が2013年に創刊した、アジアの今を世界に伝える新たな英文媒体です。成長著しいアジア経済圏の実像を、日経ならではの視点で発信しています。アジアの未来を担う世界中のリーダーたちやアジアについて詳しく知りたいという方々のために「真のアジア」を提供します。ウェブサイト、スマートフォンやタブレットのアプリ、毎週発行のプリント版で提供しています。
( (リンク ») )

Tech in Asiaについて

Tech in Asiaはアジアの主要都市に拠点を持つ、テクノロジー分野のスタートアップ企業に関するオンラインメディア企業です。「アジアで起きるすばらしい出来事を世界に伝えるテック・ニュースサイトを創造する」という企業理念のもと、新たなニュースの届け方に情熱を持ったジャーナリストやブロガーたちの集団が運営しています。我々の理念、文化、価値についてはこちら( (リンク ») )

Startup Asiaについて

Startup AsiaはTech in Asiaが主催する、アジアの起業家、投資家、メディア、スタートアップ企業関係者を対象としたカンファレンス。過去の登壇者には、アリババ、カカオトーク、ツイッター、Airbnb、テンセント、DeNA、グーグル、ロケット・インターネット、グリー、楽天、Viber、VikiなどのCEO、創設者、リーダーがいます。

過去イベントの様子、追加資料はこちら:
- 写真ギャラリー
(リンク »)
- Startup Asia Singapore 2013紹介動画
(リンク »)
- Startup Asia Jakarta 2013
(リンク »)
- 過去の開催結果をまとめたインフォグラフィック
Startup Asia Jakarta 2013 (リンク ») / Startup Asia Singapore 2013 (リンク »)

本イベントに関するお問い合わせはこちら
japan@techinasia.com

メディア問い合わせ先:
広報代理/エデルマン・ジャパン
電話 03-6858-7711

概要:Nikkei Asian Review

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]