東芝ソリューションとPivotal、アジア太平洋地域で初の戦略的協業を発表

~ 次期クラウドアプリケーションサービスに向けたアジャイル開発プロジェクトを本格開始 ~

東芝ソリューション株式会社 2014年06月09日

2014年6月9日
東芝ソリューション株式会社
Pivotalジャパン株式会社


 東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:河井信三 以下 東芝ソリューション)とPivotalジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、カントリー・マネージャ:正井拓己、以下Pivotal)は、Pivotalが提供する先進的なアジャイル開発サービスおよびツールを東芝ソリューションが採用し、アジア太平洋地域では初となるクラウドサービス開発プロジェクトを2014年1月から3月までの3カ月間、米国・サンフランシスコのPivotal Labs開発センターにおいて共同で実施し、成功裏に完了したことを発表します。
また、両社は今回のプロジェクトの成果を受けて、今後共同でアジャイル開発プロジェクトを本格的に開始し、さまざまな業界向けの次世代アプリケーションをクラウド上でタイムリーに市場投入していくことを発表します。

<今回の協業の背景>
 クラウドサービスは新たなステージに入り、ビッグデータの利活用を目的としたクラウドサービスの需要が高まっています。たとえばIoT(Internet of Things)により、刻々と蓄積されるさまざまなデータの増大、目まぐるしく変化する事業環境、それに呼応するサービス利用者のニーズの変化に、柔軟かつタイムリーに対応できるクラウドサービスが求められています。
 東芝ソリューションでは、社会インフラ分野のITシステム、官公庁や一般企業の大規模ITシステムを構築してきた長年の実績とこれまで培ってきたさまざまなノウハウをベースに、品質・コスト・スピードをあわせて提供できる新しい開発・構築手法として、先進的なアジャイル開発メソドロジーを採用し、ビッグデータ分析ノウハウなども活用しながら、俊敏にデータの利活用ができる次期クラウドサービスの開発を行っていきます。Pivotalジャパンは、アジャイル開発・データサイエンス・オープンソースを活用した次世代アプリケーション開発支援をはじめ、ビッグデータ・ファストデータ、クラウド基盤などの先進ソリューションを日本市場で積極的に展開していきます。

[東芝ソリューション コメント]
 当社のIT研究開発センターの研究者を米国・Pivotal Labs開発センターに派遣し、アジャイルプロジェクト管理ツールを利用した共同での開発プロジェクトにおいて、ペア・プログラミングなどのアジャイル開発メソドロジーの有効性が検証されました。この成果に基づいて、迅速なアプリケーション開発が行えるビッグデータ活用アプリケーション基盤を実現し、すでに提供を行っている統合ビッグデータプラットフォーム上で、市場ニーズに的確にマッチするクラウドアプリケーションサービスをタイムリーに提供していきます。

[Pivotalジャパン コメント]
 このたび、Pivotalとしてアジア太平洋地域で初となるアジャイル開発プロジェクトを、東芝ソリューションと成功裏に完了することができ大変光栄に思います。今回の共同プロジェクトは、両社のクラウド・ビッグデータ領域における先進技術の活用も含んだ幅広い内容になっています。クラウドやモバイル、ビッグデータなどを前提とした次世代型のアプリケーション開発においては、アジャイル開発とデータサイエンスの連携やオープン・ソースの活用などが重要になります。今後の両社の協業では、こうした次世代アプリケーション基盤の開発を、短期的なプロトタイピングとしてではなく、複数の業界向けソリューション開発への適用を見すえて計画しています。グローバルでも先進的な本プロジェクトの推進を通じて、今後より一層両社の協業関係を深めていきたいと思います。

【東芝ソリューション株式会社について】
 最新の情報技術、経験と実績に裏付けられたソリューションをタイミング良く提供し続けることにより、IT事業を通じてお客様の永続的な成長と繁栄に貢献します。各種ソリューション(業種・業務・エンジニアリング・プラットフォーム)の提供と、それを支える技術・研究を事業活動とし、IT事業を通じて企画から構築、運用、保守までライフサイクル全般にわたってお客様をサポートするトータルソリューションを提供しています。また、業務アプリケーションのSaaS(Software as a Service)対応など、豊富なシステムインテグレーションでのノウハウとサービスをクラウドビジネスにも展開しています。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

【Pivotal Labsについて】
 Pivotalのアジャイル開発部門であるPivotal Labsは1989年に創業したアジャイル開発の先駆的な企業で、コラボラティブで統制された開発テクニックを用い市場参入にかかる時間を短縮化・プロジェクトリスクを削減し、スタートアップ企業からグローバル企業まであらゆる種類の企業のビジネスを向上させる事を目標としています。
 Pivotal LabsのWebやモバイル、ビッグデータ・アプリケーション開発に精通したエンジニアが実績のあるアジャイル開発プラクティスを用いる事で、お客様は迅速かつ信頼性の高いビジネスの成果を得る事が可能です。またPivotal Labsは業界でも著名なアジャイルプロジェクト管理ツールPivotal Trackerを開発しており、全世界で
25万人以上の開発者が利用しています。Pivotal Labsサイト: (リンク »)

【Pivotalジャパン株式会社について】
 PivotalはEMC、VMware、GEの投資に基づく新しいソフトウェア・カンパニーとして2013年4月1日に発足しました(Pivotalジャパンは2013年7月1日設立)。ポール・マリッツ(Paul Maritz)をCEO(最高経営責任者)としてビッグデータ、クラウド、モバイル、ソーシャルなどに代表される次世代のプラットフォームをエンタープライズのお客様へ提供すべく、ビッグデータおよびファストデータ、アジャイル開発、データサイエンス、クラウド・コンピューティング、オープンソース・ソフトウェアなどの分野における先進的な製品・サービスを提供し、企業のビジネス・スピードを高める事を目標に事業展開しています。
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目1番1号 新宿マインズタワー
カントリー・マネージャ 正井 拓己 設立:2013年7月1日
Pivotalおよび経営陣の詳細: (リンク »)




※文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]