A10ネットワークス INTEROP TOKYO 2014に 最新アプライアンスThunder シリーズを出展

A10ネットワークス株式会社 2014年06月10日

A10ネットワークス株式会社は、6月11日(水)から13日(金)に幕張メッセで開催される「INTEROP TOKYO 2014」にて、アプリケーションサービスゲートウェイ「Thunderシリーズ」の最新ソリューションを出展します。

A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO、アジアパシフィックジャパン ヴァイスプレジデント:小枝 逸人(はやと)、以下A10)は、6月11日(水)から13日(金)に幕張メッセで開催される「INTEROP TOKYO 2014」にて、アプリケーションサービスゲートウェイ「Thunderシリーズ」の最新ソリューションを出展します。

A10の展示ブース(ホール6  6A27)では、155Gbps の圧倒的なスループットを実現するDDoS防御専用アプライアンスThunder TPSのデモを中心に、A10の最新ソリューションを展示します。また本年も、展示会で使用されるネットワーク「ShowNet」において計6種のA10製品が使用され、INTEROP TOKYOのネットワークを支えます。

【展示ブース詳細】

A10展示ブースのメインラックでは、“Thunder TPS”によるDDoS攻撃防御デモと“vThunder CGN”によるNFVデモを行います。またBest of Show Awardにおいて、Thunder TPSの最上位機種である“Thunder 6435 TPS”が「パフォーマンスオプティマイゼーション部門」に、vThunder CGNが「キャリア/SP ネットワーキング部門」のファイナリストにそれぞれ選出されています。また、展示ブースに訪問いただいたお客様を対象に1,000円の電子マネーが当たるキャンペーンを実施します。詳細は、Interop Tokyo 2014 A10ネットワークス 特設サイト、GoA10.comをご覧下さい。

■展示ブースメインラック
・Thunder TPSによるDDoS攻撃防御デモ
Thunder TPSが、攻撃ツールから生成される様々なアタックパターンをハイパフォーマンスに防御するデモを行います。

・vThunder CGNによるNFVデモ
 通信事業者様におけるNFV環境の利用を考慮し、汎用サーバー上に展開された仮想環境上でvThunder CGNを用いてIPv4枯渇対策/IPv6移行ソリューションを提供するデモを行います。

■シアターステージ
 シアターステージでは3日間で30回以上のセッションを行い、A10の最新ソリューションが企業の課題解決やビジネスの成長にどのようなメリットを提供するかをご説明します。スケジュールの詳細は、Interop Tokyo 2014 - A10ネットワークス 特設サイト、GoA10.comをご覧下さい。

【ShowNet展示詳細】

展示会で使用されるネットワーク「ShowNet」において以下の計6種のA10製品が使用されています。A10初のセキュリティ製品であるThunder TPSシリーズや、100Gインターフェースを搭載した業界初のADC製品であるThunder 6630などが、実際に稼働している様子をご覧いただけます。稼働中の機器やサービスの詳細は、一日に一回行う「A10ネットワークス ShowNet NOCツアー」でもご紹介します。「A10ネットワークス ShowNet NOCツアー」のスケジュールは、Interop Tokyo 2014 - A10ネットワークス 特設サイト、GoA10.comをご覧下さい。

・Thunder 6630:
100Gインターフェースを搭載したハイエンドモデルThunder 6630がShowNetでCGNサービスを提供します

・Thunder 5435 TPS:
DDoS攻撃防御専用アプライアンスThunder 5435 TPSが、外部からのDDoS攻撃からShowNetを防御します

・Thunder 3030S ADC:
複数拠点の異なるクラウド事業者を相互接続する「インタークラウドネットワーク」において、Thunder 3030S ADCがVXLANゲートウェイとして利用されています

・Thunder 6430S ADC:
セキュリティ機器のSSL暗号化負荷を軽減する「SSLインターセプト」により、Thunder 6430S ADCが、ShowNet で使用されている他社製セキュリティ製品のSSL負荷を軽減します

・Thunder 930 ADC:
WAFとサーバー負荷分散機能を一台で提供しているエントリーモデルThunder 930 ADCが、ShowNetの問い合わせチケットサーバーの負荷を分散しつつセキュリティを向上させています

・AX3200-12:
SDI ShowCaseのバックボーンにて、AX3200-12がCGNサービスを提供します。

【SDI ShowCase展示詳細】

A10は、SDI ShowCaseに出展します。SDI ShowCaseのA10ブースでは、A10の仮想ADC/CGNアプライアンス「vThunderシリーズ」専用のハードウェア製品である「Thunder 3530S HVA」を展示します。HVAは、仮想アプライアンスの柔軟性と専用ハードウェアによるパフォーマンスを同時に提供できるハイブリットアプライアンスです。この他、A10のSDN関連ソリューションである「aCloudサービスアーキテクチャー」についてもご紹介します。


【INTEROP TOKYO 2014 出展概要】

■開催日時 : 2014年6月11日(水) - 13日(金)
■開催場所 : 幕張メッセ
< (リンク ») >
JR京葉線『海浜幕張』駅 下車徒歩5分
■A10ブース:ホール6  6A27
■A10 INTEROP TOKYO 2014 特設サイト: < GoA10.com >

【A10ネットワークス株式会社について】
A10ネットワークス株式会社は、米国A10 Networks(NYSE:ATEN)の日本法人として、2009年3月に設立されました。米国に本社をもつ「日本企業」として、日本のお客様のご意見やご要望を積極的に製品に取り入れるとともに、ネットワーキング・セキュリティ分野のテクノロジリーダーとして、常に革新的なソリューションをタイムリーかつリーズナブルな価格でご提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。 (リンク »)
Facebook: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Thunder TPS画像

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。