ISID、豊田自動織機のグループ経営管理システムを構築

株式会社電通国際情報サービス 2014年06月19日

From JCN Newswire

国内外約220社の経営情報一元化とグローバル連結会計の強化を「Oracle Hyperion Financial Management」「STRAVIS」で実現

Tokyo, June 19, 2014 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:大西 朗)のグループ経営管理システムを構築し、本格稼動を開始したことを発表します。

新システムは、国内外約220社に及ぶ同社グループの経営情報一元化とともに、グローバルな連結会計基盤の強化を実現するもので、オラクル社の経営管理システム「Oracle Hyperion Financial Management」とISIDの連結会計システム「STRAVIS」で構成されています。

■ 背景 ■

豊田自動織機は、繊維機械、自動車、産業車両等の製造・販売および物流事業等をグローバルに展開しており、グループ企業数は約220社に上ります(海外約180社、国内約40社)。業容拡大や事業多角化により経営管理上のデータ活用ニーズが増加する一方、これまでは制度会計・管理会計・資金管理等の情報が一元化されておらず、グループ全体の経営情報を迅速かつ多面的に把握し、的確な意思決定を行うための情報基盤構築が求められていました。また同社では、グローバル市場でのさらなる競争力強化に向けて、連結会計基盤の強化が課題となっていました。

■ 新システムの特長と主な導入効果 ■

(1)経営情報の一元化と最適化
新システムは、これまで各担当部門が個別に収集・管理していた制度会計、管理会計、資金管理の各情報を一元化し、多面的な分析・レポーティングと効率的な決算処理の双方を、統合的な環境で実現しています。各部門担当者は共通の環境から、必要な情報を必要なタイミングで抽出・活用することができます。

(2)海外地域統括会社傘下の企業の経営情報を見える化
新システムでは、本社と海外地域統括会社の連結会計システムのインターフェースを備えることで、統括会社傘下の企業の詳細情報を取得できるようになりました。これにより、従来は把握できなかった、個社別・製品別・市場別実績等のタイムリーな分析が可能となり、迅速で的確な事業戦略立案に役立っています。

■ 株式会社豊田自動織機 ご担当者のコメント■

「新システムの導入プロジェクトは、グローバルな経営管理の精度を高め、新たなグローバル経営戦略に寄与する経営情報基盤の構築を目標に掲げてスタートしました。そのためには、世界中の拠点の経営情報を、共通のプラットフォーム上で横並びに比較検討できる環境が必須です。制度・管理に適した勘定科目の整備、連結処理ルールの定義、管理指標の策定をISIDとともに進めました。複雑な処理をシステムに展開するための業務要件の洗い出しや運用体制のアドバイスなど、ISIDメンバーの的確な支援を得て、当初計画どおりにシステムを立ち上げることができました。会計・経営管理領域におけるISIDの幅広い知見と、プロジェクト遂行力を高く評価しています。今後も確実なサポートをしていただけると確信しています。」

ISIDは今後も、グループ経営を推進する企業の経営管理ニーズに的確にお応えするソリューションの提供を通じ、企業のグローバルビジネスの拡大に貢献してまいります。

<ご参考資料>

STRAVISについて

STRAVISは、ISIDが数多くの企業グループの連結会計業務課題を解決してきたノウハウと経験を集積し、制度連結会計と管理連結会計の真の融合を基本コンセプトとして開発した連結会計ソリューションです。これまでに470を超える企業グループで採用されています。IFRS対応、グループ経営管理の要請、決算早期化といった様々な課題に対する的確なソリューションを提供し、子会社からの連結経営データ収集業務から制度・管理の連結決算数値作成業務まで、グループ経営に関わる連結会計業務全般を支援します。
(リンク »)

Oracle Hyperion Financial Managementについて

企業グループの財務連結/管理連結、レポーティング、分析の機能を提供する、Webベースの包括的アプリケーションです。実績はもちろんのこと、予算・予測、その他の指標にいたるまで、一元化された経営情報を全社に提供し、経営管理のレベルアップを実現します。
(リンク »)

<豊田自動織機 会社概要>
社名: 株式会社豊田自動織機
代表者: 取締役社長 大西 朗
本社: 愛知県刈谷市豊田町2 丁目1 番地
URL: (リンク »)
設立: 1926年
資本金: 804億円
連結従業員: 49,333人(2014年3月31日現在)
連結売上額: 20,078億円(2014年3月期)
事業内容: 繊維機械、自動車、産業車両等の製造・販売および物流事業等

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: (リンク »)
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,426人(2014年3月31日現在)
連結売上額: 739億7,000万円(2014年3月期)
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
エンタープライズソリューション事業部 ES事業推進部 梶野
TEL: 03-6713-7100

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。