ストレージベンチマークツールを利用してストレージ性能を測定する (ビズポイント小塚大介氏コラム)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2014年08月27日

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)は「ストレージベンチマークツールを利用してストレージ性能を測定する (ビズポイント小塚大介氏コラム)」を公開しました。

私が支援しているCTC教育サービスで「ストレージベンチマークツールを利用してストレージ性能を測定する (ビズポイント小塚大介氏コラム)」を公開しました。

###

 前回はストレージの性能設計で必要になる基本的な情報についてお伝えしました。今回はストレージの性能を把握する必要性とそのためのベンチマークツールを幾つかご紹介します。

 新しいシステムを構築する際にはOSをセットアップした後にCPUやストレージの性能をベンチマークツールなどで確認することをお勧めします。ア プリケーションを一通り構築した後に性能の問題が判明した場合、ハードウェアの再設定などでOSから再構築になる場合もあります。特にストレージについて はRAIDの再構築やフォーマットなどが必要になることもあるので早い段階で性能評価をしておくことは重要です。

 ここからはストレージのパフォーマンスを測定するためのベンチマークツールを紹介していきます。

(この続きは以下をご覧ください)

(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]