精神科医Dr.林のimpress QuickBooks第二弾! 『虚言癖、嘘つきは病気か』世間を騒がせたあの人も

株式会社インプレスホールディングス 2014年09月01日

From PR TIMES



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、電子書籍レーベル「impress QuickBooksR」(インプレス・クイックブックス)より、『虚言癖、嘘つきは病気か Dr.林のこころと脳の相談室[特別編]』を各電子書店にて販売開始いたしました。

impress QuickBooks
虚言癖、嘘つきは病気か Dr.林のこころと脳の相談室[特別編]
希望小売価格:598円
発売日:2014年8月28日
Amazon Kindleストア: (リンク »)


前作『家の中にストーカーがいます( (リンク ») )』がKindle総合1位(※)獲得など大好評を博した、精神科医Dr.林の新刊です。テーマは「虚言」。今年世間を騒がせたあの人たちを含む、44のケースを用い、精神科医として人々の嘘を分析します。
(※)2014年4月4日付・Kindleストア「Kindle本」カテゴリ

【「まえがき」より】
本書は、虚言者、または虚言者かもしれないケースの実例集である。だが彼らを非難する本ではない。そういう意図は一切ない。
嘘はいけない。嘘は悪。それが人間社会の普遍ともいえる道徳律だ。嘘つきは泥棒の始まりという言葉もある。それでも本書は、嘘つきを非難しない。記載はする。分析もする。だが非難はしない。
(中略)
虚言についての医学的研究は驚くほど少ない。虚言は精神医学の死角にある。
もとより、精神の病とは病気か病気でないかの境界が曖昧なものだ。境界は揺れる。時代によって。文化によって。社会によって。個人の考えによって。そして、時代も文化も社会も、個人の考えの集合から成り立っている。だから、一人ひとりのお考えが何より大切である。虚言癖、嘘つきは病気か。それは本書の44のケースを通して、読者の一人ひとりにお考えいただく問いである。

【本文「Case24 野々村竜太郎氏『政務費で1年に195回出張、記者会見で号泣』」より】


【目次より】
1章 虚言者たち(Case1~24)
・美容整形を繰り返し、演技ばかりの私
・自分の嘘を本当だと思ってしまう
・彼が自分の記憶を書き換えます
・森口尚史氏「iPS心筋を移植 初の臨床応用」
・佐村河内守氏「全聾の天才作曲家」
・野々村竜太郎氏「政務費で1年に195回出張、記者会見で号泣」 など
2章 ノルウェイの森の虚言者(Case25~26)
3章 虚言の精神医学(Case27~43)
・お金を盗む、嘘をつき続ける小学校6年男子
・ミュンヒハウゼン症候群
・兄からの性的虐待の夢。いろいろな記憶が曖昧。現実感がない。
・どれが本当か嘘か自分でも分からない、など
4章 虚言者?たち(Case42~44)
・南アフリカの手話通訳者
・金メダリストA氏の性犯罪
・小保方晴子氏

【林公一プロフィール】
精神科医。医学博士。ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室( (リンク ») )」を1997年に開設。月のアクセス数が150万を超えるこのサイトのメインコンテンツである「精神科Q&A」は、インターネットの読者からの受け付けた質問に、林医師が事実を回答するもの。なお、サイトがクリニックの宣伝の要素を持つことを避けるため、実際の診療場所などは一切公開していない。

◆impress QuickBooksR(インプレス・クイックブックス)
スマートフォンなどの電子端末で気軽に読める「電子生まれの」電子書籍です。2012年2月の販売開始以来、230タイトル以上を刊行し、Amazon Kindleストアや、kobo、紀伊国屋BookWebをはじめとする電子書店の売り上げランキング上位にランクインするタイトルを多数刊行しています。
●ブログ「ビバ☆電子書籍! 出版社の大挑戦せきらら日記」: (リンク »)
●Facebookページ: (リンク »)
●Twitter: (リンク »)

【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計6,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」「ネットショップ担当者フォーラム」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。また電子書籍の企画・発売、スマートフォンで気軽に読めるコンセプトでつくられた電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」(インプレス・クイックブックス)の発行も行っています。

【インプレスグループ】 (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
Quick Books担当:河野、永山
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 Tel: 03-5275-0939
URL: (リンク ») E-mail:quickbooks_info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

株式会社インプレスホールディングス

株式会社インプレスホールディングスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。