編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RPAフィリピン、「VOYAGE GROUP Philippines」に社名変更し、海外企業との協業も視野に

株式会社VOYAGE GROUP

2014-10-01 13:00

プレスリリース
2014年10月1日
VOYAGE GROUP Philippines, Inc.
----------------------------------------------------------------------
RPAフィリピン、「VOYAGE GROUP Philippines」に社名変更し、海外企業との協業も視野に
~グローバルリサーチ事業の24時間対応オペレーションセンター業務以外にも事業拡大~
----------------------------------------------------------------------


 株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、アジア太平洋地域(APAC)においてオンライン調査パネルの提供事業を展開する株式会社リサーチパネルエイジア(東京都渋谷区、代表取締役:佐野 敏毅、以下:「RPA」)の欧米クライアントに対するオペレーションセンターとして設立したResearch Panel Asia Philippines, Inc.(本社:フィリピン、代表取締役:和出 潤一郎)は、VOYAGE GROUP Philippines, Inc.(本社:フィリピン、代表取締役:和出 潤一郎、以下「VGP」)に社名変更いたしました。
 フィリピン統計庁によると、フィリピンの2013年の実質国内総生産(GDP)伸び率は、政府予想を6~7%上回る前年比7.2%となっております。また、フィリピンの豊かな英語力と比較的安価な人件費に着目し、欧米企業の進出も相次いでおり、今後さらなる経済成長が見込まれています。VGPでは、このフィリピンの経済成長や豊富な労働力、そして強い英語力などを背景に、今後は海外企業との協業なども視野に事業を拡大してまいります。

【「VOYAGE GROUP Philippines, Inc.」概要】
・新社名:VOYAGE GROUP Philippines,Inc.(旧社名:Research Panel Asia Philippines, Inc.)
・CEO:和出 潤一郎(ワイデ ジュンイチロウ)
・所在地:Unit1702-1703, 17F Robinsons Equitable Tower ADB Ave., Ortigas Center, Pasig City 1605 Philippines
・設立:2011年11月17日
・資本金:230万フィリピンペソ(RPA99.78%)
・事業内容:グローバルリサーチ事業のオペレーション業務ほか
・新ロゴ




-----------------------------------
【報道関係者お問合せ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室:江頭(エトウ)
TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@voyagegroup.com

【その他お問い合わせ先】
VOYAGE GROUP Philippines, Inc.:和出(ワイデ)
TEL:+63-2-696-7568 E-mail:contact@researchpanelasia.com
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社VOYAGE GROUPの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]