「BtoBプラットフォーム」と「OPEN21 de3」がシステム連携

株式会社インフォマート 2015年08月04日

From PR TIMES

~企業の決算早期化等に向けたソリューションを共同で提供~

 BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームを運営する株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照)は、株式会社ICSパートナーズ(東京都港区 代表取締役社長:峯瀧健司)のICS会計ERP「OPEN21 de3」シリーズと、企業の請求業務や会計処理における生産性の向上を実現するため、システム連携を開始しました。今後も共同で、企業の利便性向上のための便利なソリューションを提供して参ります。



< 提携の理由と概要 >

 インフォマートが提供する「BtoBプラットフォーム」は、日々の受発注や請求業務をWeb上で行えるシステムとして、現在、利用企業数は38,188社(※1)、事業所数は275,766社(※2)(2015年6月末現在)の企業様にご利用いただいております。
 一方、ICSパートナーズが提供するICS会計ERP「OPEN21 de3」は決算早期化と投資判断などに活用する管理会計情報の提供を可能としており、様々な業種業態の数多くの企業に採用されています。
 このたび、企業が求める月次決算早期化に向けたソリューション提供を目的に、両社の提携に至りました。これにより「BtoBプラットフォーム」で受け取った電子請求データを自動仕訳し、ICS会計ERP「OPEN21 de3」へインポートすることが可能となり、両システムを利用するユーザーに対しては事務負担が大幅に軽減、さらなる決算早期化を図れます。
 今後、Web上のプロモーションを中心に両社の利用企業に連携を周知する他、セミナーの開催や新たな連携サービスの提供なども検討して参ります。

(※1)「FOODS Info Mart」「BEAUTY Info Mart」「MEDICAL Info Mart」「BtoB電子請求書プラットフォーム」
     の利用企業数。
(※2) 「BtoB電子請求書プラットフォーム」の無料ID利用企業を含む。


< 「BtoBプラットフォーム」について >

 「BtoB電子請求書プラットフォーム」「ASP受発注システム」「ASP商談システム」「ASP規格書システム」の4つのサービスから成り立ち、企業間の紙で行われている商取引をWeb上で行えるシステム。「BtoBプラットフォーム」を利用することで、企業の生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化・CO2削減を推進し、環境に貢献。
URL:  (リンク »)


<ICS会計ERP 「OPEN21 de3」について >

会計業務の迅速性と正確性の両立という課題をクリアし、経営における会計情報の徹底利活用という戦略性を備えた会計ERPシステム。より迅速かつ正確な決算と同時に企業の、業態に応じた管理会計を実現し、スピード経営を支援します。
URL:  (リンク »)


【株式会社インフォマート (東証マザーズ市場 証券コード 2492)】 (リンク »)
所在地(東京本社):東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル
設立:1998年2月13日
資本金:10億5,700万円
従業員数:364名(グループ連結)

【株式会社ICSパートナーズ】 (リンク »)
所在地(東京本社):東京都港区新橋6丁目1番11号
設立:昭和55年11月
資本金:8,900万円
従業員数:137名(ICSグループ950名)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インフォマートの関連情報

株式会社インフォマート

株式会社インフォマートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]