OpenStackとDockerの未来像(その1)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2016年01月08日

CTC教育サービスはコラム「OpenStackとDockerの未来像(その1) 」を公開しました。

###

はじめに
 先週は、「Okinawa OpenDays 2015」というイベントの企画で、「OpenStack/Docker/Ansibleハンズオン」を開催しました。OpenStackとDockerを組み合わせた活用法、そして、仮想マシンインスタンスの作成からDockerによるアプリケーションデプロイまでをAnsibleで自動化するという内容をハンズオン形式で解説しました(*1)(*2)。今回から数回に分けて、このハンズオンの内容を紹介したいと思います。

OpenStack環境におけるDockerの役割
 はじめに、OpenStackとDockerの関係を整理しておきましょう。OpenStackは、マルチテナントのIaaS環境を提供するクラウド基盤ソフトウェアであることはご存知の通りです。OpenStackのユーザーは、自分専用のテナント環境において、仮想ネットワーク、仮想マシン、そして、仮想ストレージを組み合わせて、仮想化インフラを自由に構築することが可能です。REST APIを通じて操作することができますので、Ansibleなどの自動化ツールを用いれば、インフラの構築を自動化することも簡単です。

 一方、Dockerは、アプリケーションの実行環境をイメージ化して配信する機能を提供します。OSレベルのファイルからアプリケーションの実行バイナリーまで、アプリケーションの実行に必要なファイルをすべて含んだ「コンテナイメージ」を作成して、レジストリーに保存しておくことが可能です。アプリケーションを利用したいユーザーは、Dockerが稼働するサーバー上で「docker」コマンドを実行するだけで、イメージをダウンロードしてコンテナ上で即座に実行することができます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]