新映像エンジンDIGIC 7初搭載の“PowerShot G7 X Mark II”や光学40倍ズーム・薄型の“PowerShot SX720 HS”など5機種を発売

キヤノン株式会社 2016年02月18日

From PR TIMES



キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの最新機種で1.0型センサー搭載の“PowerShot G7 X Mark II”や薄型の高倍率モデル“PowerShot SX720 HS”をはじめとしたコンパクトデジタルカメラ新製品5機種を2016年2月25日より順次発売します。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



新製品5機種は、1.0型センサー搭載の高画質・高機能モデルからオート機能を充実させたスタイリッシュモデルまで、幅広いラインアップを展開します。レンズ交換式カメラEOSシリーズを愛用しているハイアマチュアユーザーからカメラを初めて手に取るエントリーユーザーまで、写真を楽しみたいと考える幅広いユーザーの多様なニーズに対応します。

■ 新映像エンジンDIGIC 7初搭載の小型・高機能モデル“PowerShot G7 X Mark II”
画像処理性能に優れた新開発の映像エンジンDIGIC 7を初搭載しており、ノイズリダクション処理の進化によるさらなる高画質化を実現し、また、手ブレ補正や被写体の追尾・検出といった撮影機能の強化を図っています。小型ボディーに24-100mm相当(※1)/F1.8-2.8の大口径レンズと、1.0型CMOSセンサーを搭載しており、ノイズを抑えた高感度撮影や豊かな色階調を表現する高画質撮影が可能です。

■ 新レンズ搭載により薄型を実現した高倍率モデル“PowerShot SX720 HS”
レンズ収納時に、レンズ群を光軸から退避させる新構造を採用したことで、従来機種(※2)のサイズ感を維持した持ち歩きやすい薄型ボディーでありながら、24-960mm相当(※1)の幅広い撮影領域に対応する光学40倍ズームを実現しています。また、動画記録に優れた映像エンジンDIGIC 6と、光学式と電子式を併用した5軸(上下、左右、回転軸、水平回転軸、縦回転軸)の手ブレ補正により、ブレを抑えた快適な動画撮影が可能です。


[表: (リンク ») ]



※1 35mmフィルム換算。
※2 PowerShot SX710 HS(2015年2月発売)。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]