おしりかじり虫の作者「うるまでるび」と大人気子供向けアプリシリーズPSG!がタッグを組んで開発したオモシロ・アプリ第一弾「EleFinTo~楽しい!描いたら動くお絵描きアプリ~」をリリース!

ファンタムスティック株式会社 2016年02月27日

From PR TIMES

「学びにハマろう!」をコンセプトにファンタムスティック株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:ベルトン シェイン、以下 ファンタムスティック)は、おしりかじり虫の作者として知られる「うるまでるび」と提携し、その場で描いた絵がアニメーションで動くアプリを発表しました。子供はもちろん「元もども」も楽しめます。
「EleFunTo~楽しい!描いたら動くお絵描きアプリ~」詳細:
(リンク »)

「EleFunTo~楽しい!描いたら動くお絵描きアプリ~」動画:
(リンク »)




[画像1: (リンク ») ]



■ EleFunToとは?

EleFunToは”Electronic Fun Toys”の略です。

リズムに乗ってキャラクターを動かしてるうちに、あなたの絵ができて、アニメになってしまう楽しいアプリです。こどもから、元こどもまで、楽しめます。


■ 遊びかた

アプリに好きな絵を描きます。ただそれだけでその場で描いたばかりの絵が動き出します。

好きな色や動きなどお好きなように楽しんで頂けます。お手持ちのデバイスが動くキャンパスに。


■作者・うるまでるびより『ちょっとしたうんちく』

EleFunToは、うるまでるびが1980年代から提唱してきた「ギュゼル・メソッド」の具体例です。

ギュゼル・メソッドとは、閃きを引き出し、試行錯誤を楽しめるように設計されたコンテンツ、エンターテインメント、エデュケーショナルプロジェクトなどによって、自然に、楽しく創造力を伸ばすメソッドをいいます。そのテーマは「作る過程を楽しむことこそが創造する喜びである」というものです。うまいへたなどの結果を求めません。


例えばこのEleFunToは、音楽をバックに、キャラクターと遊んでいるうちにアイデアが沸いてきて、驚くような結果が生まれてしまいます。閃きを広げ、過程を楽しむ。過程を楽しむからこそよい結果が生まれる。それを助ける電子デバイスとアプリ。これこそがギュゼル・メソッドです。

EleFunToはシリーズ化したいと考えています。音楽やダンス版のEleFunTo…なんてことも企画しています。
ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



■「英語キャッツ~幼児から遊べる初めての英語アプリ~」のアプリ概要

名称    : 英語キャッツ~幼児から遊べる初めての英語アプリ~

発売開始日 : 2016年2月25日(iOS)

販売料金  : 600円(2月25日~3月25日まで期間限定480円)

対応端末  : iOS(iPhone、iPadおよびIPod touch対応。)


詳細    : (リンク »)

公式サイト : (リンク »)

iTunes   : (リンク »)


■会社概要

商号 : ファンタムスティック株式会社

所在地: 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10 YS新横浜ビル5F

代表者: 代表取締役 ベルトン シェイン

設立 : 2010年2月26日

URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。