IDTechEx Researchが電気自動車の最新リポートを発表

IDTechEx 2016年10月12日

From 共同通信PRワイヤー

IDTechEx Researchが電気自動車の最新リポートを発表

AsiaNet 66039(1274)

【ボストン2016年10月12日PR Newsiwire=共同通信JBN】最新技術に関する独立市場調査、ビジネス・インテリジェンス、イベントの大手プロバイダーであるIDTechExは、「Electric Vehicles Change the World 2017-2037(電気自動車が世界を変える 2017-2037年)」( (リンク ») )と題する最新リポートを発表した。

(Logo: (リンク ») )

当初は好奇心の対象にすぎなかった電気自動車はいまでは頻繁に報じられるニュースなり、ノルウェーやオランダに住む人々にとっては、見慣れたものである。しかし、ロボット農業や輸送用ドローンから、陽光が降り注ぐ国でのほぼ無限の走行や事実上の大気汚染除去に至るまで、今後10年間に社会の根幹を揺るがす点ではEVに比肩するものはない。

「Electric Vehicles Change the World 2017-2037」( (リンク ») )は事実に立脚した予測手法を用いて、今後10年間のEVの販売台数および市場価値に関する見通しと、今後20年間にわたる技術面のロードマップを提供する。今回のリポートに1年前のリポートにある1語も含まれてないことは、時代の動向を反映している。今回のリポートは2016年のリサーチによりほぼ全面的に改訂されたものだ。専門アナリスト陣の実施した集中的な旅行や会議の日程に基づく詳細な技術的ロードマップを示すとともに46の分野での予測を行ったのはIDTechExだけである。

今回のリポートの主な焦点は個人用の有人マルチコプターからe-バスのまたがり交通に至るまでの車両自体であり、市場でのギャップを示している。リポートは商業面での成功ファクターに優先度を置き、詳細な統計を提供しインフォームド・アクション・プランを支援する。

将来のための重要な実現技術もカバーされている。新しい形の転極電動機、環境発電、電気回生器という今後頭角を現してくる技術は急速に変貌している。ユニークなのは、このリポートが新鮮かつ偏見のない視点から自動車のすべてのカテゴリーおよび技術的オプションを考察していることである。これら技術の大半は破壊的変化にさらされている。リポートに掲載した地上用・水上用・航空用EVメーカー上位13社のランキングには多くの大企業は入っていないが、3年前にはランキング入りしていなかった7社などほとんど名前の知られていない企業が含まれている。

IDTechExは、一部の社とは異なり、すべての技術を一様に褒めたたえているわけではない。実際には主流から締め出されてニッチな分野でしか生き残れないと判定される技術もある。IDTechExはこのリポートで、どこで、いつ、なぜ、を分析している。

このリポートはIDTechExのウエブサイト( (リンク ») )から注文すれば入手可能。詳しくは (リンク ») を参照。

IDTechExは、企業が最新技術に関して重要な戦略的判断を下す際に助けとなるツールを提供する。IDTechEXは調査報告、購読、コンサルタント、入門サービス、イベントを提供する。

▽問い合わせ先
Alison Lewis
Marketing Manager, Research
a.lewis@IDTechEx.com
(リンク »)
(リンク »)
UK: +44-(0)1223-810290

ソース:IDTechEx

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]