AERA連載中の星野源「音楽の話をしよう」。2月6日(月)発売号の対談ゲストは人気脚本家の野木亜紀子さん

株式会社朝日新聞出版 2017年02月07日

From PR TIMES

ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)では、2017年2月6日発売号(2月13 日号)から 4週にわたって、星野源さんの対談連載「音楽の話をしよう」のゲストに脚本家の野木亜紀子さんをお迎えします。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で津崎平匡役を演じた星野源さんと、脚本を担当した野木亜紀子さんが、ドラマの裏話から、演技について、脚本家の醍醐味、作品への思い、そしてもちろん音楽の話まで、たっぷり語り合いました。



[画像1: (リンク ») ]


連載「星野源 音楽の話をしよう」は、2016年4月から掲載している対談連載です。「雑談の中には本質が眠っている」と話す星野源さん。「音楽の話をしよう」は、喫茶店のカウンターでゲストの方と横並びになり、コーヒーを飲みながらぼそぼそと話をする、そんな対談です。台本も質問案もありません。これまで、細野晴臣さん、バカリズムさん、ディーン・フジオカさんなど、ジャンルを問わずさまざまな方々にお越しいただきました。
【野木さんゲスト回の発売日】
2/6 (1話)、 2/13 (2話)、 2/20(3話)、2/27 (4話)※一部地域では発売日が異なります。

■星野 源さんプロフィール
1981年埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家として幅広く活躍。
(リンク »)
■野木亜紀子さんプロフィール
脚本家。脚本作品にドラマ「空飛ぶ広報室」「重版出来!」など。

[画像2: (リンク ») ]

AERA 2017年2月13日号
定価:390円(税込)
表紙:ジェフ・ミルズ(DJ・作曲家・プロデューサー)
発売日:2017年2月6日
■大特集:家事からの解放 ■特集:トランプの波紋
■連載:星野源 音楽の話をしよう
【内容紹介ページ】
(リンク »)
【Amazon購入ページ】
www.amazon.co.jp/dp/B01MZBNY3R

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]