編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

トライポッドワークス、Bluetooth4.0 規格のタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)の 販売を開始!

トライポッドワークス株式会社

2017-04-24 16:50

トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木 賢一、以下トライポッド)は、このたび国際特許取得済みのタイヤ空気圧モニタリングシステム(Tire Pressure Monitoring System、以下TPMS)「BlueSensor」の販売を開始します。
TPMSは近年、米国・欧州をはじめ諸外国で搭載義務化が進んでおり、日本でも早期の法規化が予想されております。また、「自動車のIoT」とも言われるカーテレマティクス分野においても必須のシステムとなっております。トライポッドでは、今後、同分野におけるIoTビジネス構築サービスの事業化を進めており、その第一弾として、「BlueSensor」の製造元であるSYSGRATION社(本社:台湾)と販売代理店契約を締結しました。

本製品はタイヤの空気圧をリアルタイムで監視し、異常が検知されたときは専用の受信機もしくはスマートデバイスに通報をします。これにより、タイヤ起因による車輛事故の未然防止やメンテナンスコストの削減に効果を発揮します。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]