モバイルアプリの成長支援パートナーRepro、オフィス移転のお知らせ

Repro株式会社 2017年11月22日

From PR TIMES

事業拡大に伴い代々木に移転いたしました

モバイルアプリ向けの分析・マーケティングツール「Repro(リプロ)」の提供およびアプリの戦略・企画、リリース後のアプリのマーケティング支援などを手掛けるRepro株式会社(代表取締役:平田祐介、以下Repro)は、事業拡大に伴いオフィスを東京都新宿区西新宿から渋谷区代々木に移転し、2017年11月20日より新オフィスにて営業を開始いたしました。




2015年4月に製品版をローンチしたモバイルアプリの成長支援ツールの提供事業から、昨今ではアプリの成長戦略立案等の成長コンサルティングや、アプリの開発支援、アプリリリース後の運用支援まで、モバイルアプリの成長支援パートナーとなるべく事業領域を拡大してまいりました。
また、高機能化するツールの開発強化及び、増加するクライアントへのサポート強化のため、開発体制、テクニカルサポート、カスタマーグロースチームなどの人員拡大も急速に進めています。
これらに伴う人員増強に対応するため、移転する運びとなりました。

【新オフィス概要】
住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目36-4 全理連ビル 6階
アクセス:JR山手線・総武線、都営地下鉄大江戸線「代々木駅」北口徒歩30秒


【新オフィスについて】
新オフィスには、セミナースペースを設けています。これまで不定期に開催していたアプリの成長に必要なノウハウを提供するセミナーを定期的に行ってまいります。セミナーへのご参加、心よりお待ちしております。
2018年1月(予定)に日頃よりお世話になっている皆様をご招待してささやかではございますが、移転パーティーを開催する予定です。開催については別途ご連絡をさせていただきます。

Reproはさらなる事業拡大とモバイルアプリの成長支援に邁進してまいります。引き続きよろしくお願いいたします。
弊社新オフィスのお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



【Reproについて】
Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界46か国、4,000以上(2017年11月時点)のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。また、分析結果からプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングをすぐに行うことができます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリの戦略・企画、開発から運用まで、アプリの成長を一貫して支援しています。


会社名:Repro株式会社(リプロ)
代表者:平田 祐介
所在地:東京都渋谷区代々木1丁目36-4 全理連ビル 6階
設立:2014年4月
事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供

ホームページ: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。