「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」大発表!約10,000票から選ばれた最も今年らしい顔文字は 【それな ( ᐛ )σ】

バイドゥ株式会社 2017年12月12日

From PR TIMES

若者のコミュニケーションスタイルの変化を如実に!?マジか (๑°⌓°๑)マシ゛... ぬーん ( ¯ω¯ )を押さえて、 約10,000票から選ばれた顔文字

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang)は、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の『Simeji 今年の顔文字大賞 2017』を発表します。
2014年から始まり今年で4回目を迎える『Simeji 今年の顔文字大賞』は、“最も今年らしい”顔文字を選ぶ賞です。約 5 万種類あるSimejiの顔文字の中から、ユーザーが多く使用した顔文字や、今年話題となった言葉が反映された顔文字25作品を選出し、そのノミネート顔文字の中から「これぞ今年の顔文字!」と思われるものをユーザー様に投票していただき、大賞を決定します。





過去3回の顔文字大賞も大きな反響を頂いておりましたが、今年も約10,000票の投票を頂き、厳選なる審査を行った結果、今年の顔文字大賞に選ばれたのは『それな ( ᐛ )σ』となりました。


URL: (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


※昨年の「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」は「(▲ ՞ਊ ՞)▲ウェーイ(よみ:うぇーい)」でした。
詳しくはこちら。 URL: (リンク »)


【Simejiスタッフによる大賞受賞理由への考察】
SNSを中心に拡大!

「いいね」や返信スタンプの代用としても使用され、ハッシュタグにも!

今ドキの若者コミュニケーション事情を表した『それな ( ᐛ )σ』が顔文字大賞を受賞!!


『それな ( ᐛ )σ』が「Simeji 顔文字大賞 2017」に選ばれた理由としては、

若者のスマホトークやSNSで多用されており、現代の若者を表している顔文字であるからです。

『それな』という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるようになり、

現代では、SNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化する若者たちの間では、

常套句として使われています。


従来、『それな』は関西圏の話言葉として使われており、相手の言ったことに対して「それ私も同感」という共感や同意を意味していましたが、

SNSで相手の投稿に対して、“いいね”と肯定しておきたい場合や、スマホトークを終わらせる時の返信スタンプの代用として『それな』が使われるようになってきました。


また、今年は“インスタ映え”という言葉が流行しましたが、Instagramでも、ハッシュタグで『#それな』をつけた投稿が増加しています。

自分の投稿に対して相槌を入れているように使われていたり、「#卍」「#それな」を組み合わせて投稿内容を強調、投稿時のテンションの上がった様子を表現しています。

しかし、『それな』はどんなシチュエーションでも使えるほど万能的な反面、

『それな』と言われた方は、会話を終わらせなければという意識になり、

返信がしにくかったり、会話が曖昧なまま終わってしまったり、残念な相槌になってしまうケースも多いようです。


良い面、悪い面の双方の観点から、今ドキの若者のスマホでのコミュニケーション事情を

表現しており、2017年に相応しい顔文字として、『それな ( ᐛ )σ』を選定しました。


「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」URL: (リンク »)


■「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」ノミネート作品

[画像2: (リンク ») ]



日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」について

Simeji(シメジ) -日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ」は、Google Play™で最初に公開されたサードパーティー日本語キーボードです。現在はGoogle Play™にて、累計約1,667万以上のダウンロード数を誇る日本語入力アプリとなっています。さらに、2014年9月に はiOS版を提供開始、2017年10月時点で1,233万ダウンロードを達成、両OS併せて2,900万ダウンロードを達成しました。また今年、App Store「Best of 2016 今年のベスト」ランキング:無料カテゴリにランクインしました。


フリック入力や顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードに加え、中国百度のAI技術を活用した音声入力にも対応し、ユニークできめ細やかな文字入力体験を提供しています。またメールやSNSのコミュニケーションが豊かになる絵文字や顔文字を多数、App内に搭載しています。更にクラウド超変換を使用する事で、端末メモリ使用量をおさえたまま豊富な顔文字変換を表示する事や、入力した瞬間におもしろ変換を表示する事が可能です。またキーボードのデザインを自由に変更できる洗練されたデザインのスキン機能により、カスタマイズすることができ、スマホやタブレット端末を使う楽しみがいっそう高まります。


2015年3月には初の有料アプリとなる「Simeji Pro」もiOS向けに提供開始しました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

バイドゥ株式会社の関連情報

バイドゥ株式会社

バイドゥ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]