文章をもっと読みやすく、わかりやすく。推敲・校閲支援ツール『文賢(ブンケン)』が、AI(機械学習やディープラーニングなど)を軸とした共同開発を開始しました。

株式会社ウェブライダー 2017年12月12日

From ValuePress!

このたび、株式会社ウェブライダー(所在地:京都市中京区)は、自社が提供する推敲・校閲支援ツール『文賢(ブンケン)』の機能追加・サービス向上を目的とした新たな共同開発の取組を株式会社レッジ、株式会社SPJとともに開始します。AI(機械学習やディープラーニングなど)の技術を活用し、文章校閲業務の簡易化と、その先にある「誰もが他人に思いやりのある文章を書ける未来」の実現を目指します。

「あなたの書いた文章をもっと読みやすく、わかりやすく」 


このたび、株式会社ウェブライダー(所在地:京都市中京区)は、自社が提供する推敲・校閲支援ツール『文賢(ブンケン)』の機能追加・サービス向上を目的とした新たな共同開発の取組を株式会社レッジ、株式会社SPJとともに開始します。AI(機械学習やディープラーニングなど)の技術を活用し、文章校閲業務の簡易化と、その先にある「誰もが他人に思いやりのある文章を書ける未来」の実現を目指します。


●文賢(ブンケン)〜文章や記事の完成度を高める推敲・校閲支援ツール

(リンク »)


■第1弾として『誤字・脱字検出エンジン』を共同開発


[資料: (リンク ») ]


共同開発プロジェクトの第1弾として、『誤字・脱字を自動検出するエンジン』の開発に着手します。

リカレントニューラルネットワーク等を用いた学習と誤字・脱字検出エンジンの開発を株式会社レッジが担当し、テクニカル・アドバイザーとして株式会社SPJ代表の江口氏をアサイン。

学習データとしては、これまでに多くの“わかりやすいコンテンツ制作”を手がけてきたウェブライダーが保有する文章データのほか、株式会社レッジが準備したサンプルデータを用います。


それらデータと複数の手法を組み合わせることで、既存モデルのエンジンを超える精度を目指し開発を進めていくというプロジェクトです。


来年の春には『文賢(ブンケン)』への組み込みを予定しており、この機能実装により、さらなるサービスの品質向上を目指してまいります。

また、そのあとは誤字・脱字だけでなく、どのような文章を書けば相手に響くのか?といった、文章の読み手に合わせた理想的な文体の提案などを、AIを介して取り入れていく予定です。


言葉を大切に紡ぐ人が増えれば、この世の中はもっと優しくなれる。

文賢は人々の快適なコミュニケーションの一助となるツールを目指します。


●文賢(ブンケン)〜文章や記事の完成度を高める推敲・校閲支援ツール

(リンク »)


[資料: (リンク ») ]
[資料: (リンク ») ]
[資料: (リンク ») ]


【株式会社ウェブライダー】( (リンク ») )

■代表 :松尾 茂起

■設立 :2010年4月

■所在地 :(京都本社)京都市中京区十文字町437番地 SOZO+ bldg. 6階

(東京支社)東京都中央区八丁堀4-14-7ファイブビル 506号

■事業内容:Webコンサルティング、Webコンテンツ制作、ツールの開発


【株式会社レッジ】( (リンク ») )

・代表者:橋本和樹

・設立:2017年10月5日

・事業内容:AIプロジェクトのコンサルティング・プロデュース事業、AIに特化したメディア運営


【株式会社SPJ】( (リンク ») )

・代表者:江口天

・設立:2017年6月30日

・事業内容:AIソリューション事業、AI技術研修・セミナー事業、AI技術コンサルティング事業


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。