トライバンド接続に対応した超高速のゲーミング無線LANルーター『Archer C5400X』 4月上旬より販売開始

ティーピーリンクジャパン株式会社 2018年01月30日

From PR TIMES

~抜群の処理能力と高い安定性を実現~

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャ
パン株式会社(所在:港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link)は、トライバンド接続に対応した超高速ゲーミ
ング無線LANルーター『Archer C5400X』を2018年4月上旬に販売開始致します。
『Archer C5400X』は合計5400Mbps(2.4GHz×1、5GHz×2)のスピードを発揮し、PCレベルの性能を誇るCPUを搭載することで、超高速の通信速度と圧倒的な処理能力を発揮することが出来ます。また、併せてWi-Fi範囲を
拡大するレンジブースト機能や、帯域のバランスをとるエアタイム フェアネス、セキュアかつ高速のVPN接続を
実現するVPNアクセラレーション等、ネットワーク環境におけるパフォーマンスを最大限に高める機能を搭載し
ています。特に、通信環境を重視されるスマホゲームやPCゲームをプレイする際に活躍する機種となっており
ます。



[画像1: (リンク ») ]


【製品情報】
■ゲーミング 無線LANルーター『Archer C5400X』 (想定販売価格 税込50,000円前後)
・重さ:1.5kg/ 寸法:240.5 x 240.5 x 55.3 mm  
・IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、IEEE 802.3/3u、IEEE 802.3abに準拠
・ワイヤレス: 1000Mbps (2.4GHz) + 2167Mbps (5GHz) ×2
・外部アンテナx8、 USB3.0ポート x2、
・10/100/1000Mbps シールドWANポートx1、LANポートx8、オートネゴシエーション及び
 オートMDI/MDIXに対応

●AC5400 トライバンド Wi-Fi : 1000Mbps (2.4GHz) および2167Mbps (5GHz)×2
 ※超高速1.8GHz クアッドコアプロセッサー、3つのコプロセッサー、1GB RAMが高速性を維持
●レンジブースト機能:Wi-Fi信号の感度を改善し、障害物越しや遠く離れたデバイスとの接続を強化
●NitroQAM™ と4ストリーム:全体のWi-Fiスループットを25%加速
●MU-MIMO機能:MU-MIMO対応機器と同時通信を行うことで、待機時間やバッファ時間を削減し
 パフォーマンスを向上
●ビームフォーミング対応:各デバイスに向けて指向性のWi-Fi電波を送信することで強力な接続を確立
●スマートコネクト機能:自動的に各デバイスへ最適なバンド(帯域)を割り当て
●エアタイムフェアネス技術:帯域のバランスを取り、接続された全てのデバイスでスループットを改善
●VPNアクセラレーション:パケットの暗号化と認証をそれぞれ個別のユニットで処理し、効率と速度を改善
●8つのギガビットLANポート:リンクアグリゲーションに対応し、超高速な有線接続を実現
●プライベートストレージ:16GBフラッシュストレージ内蔵、個人用ストレージへいつでもどこでも
 アクセス可能
●HomeCareTM搭載
●ブリッジモード(APモード)搭載
●IPv4とIPv6パススルーに対応
●IFTTTとの互換性があるのでレシピやアプレットを作成する事が出来ます
●かんたん初期設定:Bluetoothでアプリ「Tether」と通信し、誰でも簡単に初期設定が可能


【Archer C5400Xの特徴】

■トライバンド接続で超高速な通信速度を実現
『Archer C5400X』は、2つの5GHz帯(各2167Mbps)と2.4GHz帯(1000Mbps)の計3つのWi-Fiバンドを備えています。1つのバンドをゲーム専用に、残る2つのバンドをその他の用途に割り当てることで、通信速度を落とすことなく効率的なネットワーク通信を行うことが出来ます。
[画像2: (リンク ») ]


■圧倒的な処理能力を誇るCPUを搭載
PC搭載のCPUと同レベルを誇る、非常に強力な1.8 GHz 64ビットクアッドコアプロセッサー、コプロセッサー(×3)、1GB RAMがネットワークの司令塔となります。
3つのコプロセッサーがWi-Fi需要のバランスをとる一方、クアッドコアプロセッサーはすべてのサービス、スレッド、アプリケーションを実行することで待機時間を0にします。大きな負担のかかる機能をバックグラウンドで動かしながら、オンラインゲームをプレイしたとしても、ラグを生むことはありません。
[画像3: (リンク ») ]


■レンジブースト機能でWi-Fi範囲を拡大
レンジブースト機能で端末の送受信強度を高め、ビームフォーミング機能でルーターの送信能力を上げることで、遠く離れたデバイスや受信感度の低いデバイスを検出し、Wi-Fiの対象範囲を さらに広げることができます。この機能はArcher C5400Xに搭載されているブロードコムのハイエンドチップセット特有の機能です。
そのため、パソコンやプレイステーション、Xboxなどのゲーム機器のみならず、スマートフォンでゲームをプレイする方々にも機器の性能を最大限に堪能して頂けます。
[画像4: (リンク ») ]


■エアタイム フェアネスで帯域バランスを調整*
最新のゲーム機や古いデバイスのような新旧のデバイスが混在した状態でも、平等に通信を行うようにバランスを調整し、ネットワークの通信速度を制限することなく、Wi-Fiパフォーマンスと信頼性を向上させます。

※無線LANルーターに様々な端末が接続されていると、古い規格の端末が足を引っ張り全体のパフォーマンス低下を招いてしまう場合があります。エアタイムフェアネス機能によって新しい規格の端末は古い端末に縛られることなく、存分にパフォーマンスを発揮できるようになります
[画像5: (リンク ») ]


■ VPN*アクセラレーションで通信加速度を向上
『Archer C5400X』ビルトインVPNとOpenVPNがPPTPによるプライベートネットワークを構築し、VPN アクセラレーションが従来のルーターと比較して最大5倍の接続速度を実現します。

※ VPN(Virtual Private Network):インターネット上の通信経路を暗号化することによって実現する、第三者には侵入できないネットワークのこと
[画像6: (リンク ») ]


■8つのギガビットLANポート
ギガビットLANポートを8つ備えており、複数の有線端末がある場合でも問題なく対応が可能です。
そのうち、2つ目と3つ目のLANポートはリンクアグリゲーションに対応*しています。

※2つのギガビットLANポートを1つにまとめるか、ギガビットのLANとWANポートをまとめることで2Gbpsでの通信が可能となります
[画像7: (リンク ») ]


■Bluetoothを用いたカンタン初期設定
Bluetoothでの接続をアプリで自動的に行うため、面倒な接続設定が必要ありません。
また、BLE (Bluetooth Low Energy)を使うことで、SSIDとパスワードを探す必要も、変更したSSIDに再接続をする必要もありません。
[画像8: (リンク ») ]


■動的最適化エンジンと包括的なセキュリティ(HomeCareTM)
動的最適化エンジンを搭載しており、お気に入りのゲームとデバイスの優先順位を上げることで、より高い
Wi-Fiパフォーマンスでプレイすることができます。加えて、強力なセキュリティ、ビルトインのアンチウイルス、最先端の侵入者防止機能を備えており、日々進化するサイバー攻撃への対策も万全です。
また、TrendMicro™が提供するTP-Link HomeCare™は自動的にアップデートされネットワークを常に保護します。
[画像9: (リンク ») ]

■使い勝手のいいファイルサーバー
ビルトインの16GBのストレージはネットワーク内でのファイルのやり取りを簡単にします。
アプリ「Filebank」(今後の発表を予定)からかんたんにアクセスができるようになります。それに加えてUSB3.0ポートを2つ備えている為、ストレージを大幅に拡張することが可能です。その際の読み書きのスピードも1GBのRAMによって存分に発揮することが可能です。


【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、
世界No.1プロバイダーで、無線LAN機器の世界シェアは46%を誇ります。現在、アメリカ、イギリス、
ドイツ、日本など、世界42か国に現地法人を構えています。
徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており(※)、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
※TELEC, CE,FCC取得済み、RoHS指定対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-Link JAPAN INC.)
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。