FFRI、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」Version 3.1をリリース ~大規模管理向けの管理コンソールを標準提供、各エンジンのロジックロジック強化~

株式会社FFRI 2018年02月02日

From DreamNews

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本 社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、次世代エンドポイントセキュリティ 「FFRI yarai」 Version 3.1 を 2018 年 2 月 2日にリリースいたします。


昨今、標的型攻撃対策に関心を持つ大企業や組織では、サプライチェーン(ビジネスパートナーや子会社、外部委託先など)を含めた、セキュリティ防御範囲を見直す取り組みが始まっています。企業グループ全体で情報漏えい対策の強化とセキュリティ監視・運用体制の効率化が進められています。一方で、ランサムウェア被害が企業や業種を問わず拡大したことから、中小規模の企業や組織でも高度なサイバー攻撃から保護できるソリューションのニーズが高まっています。FFRI yaraiの最新版では、ユーザーやFFRI yarai月額版販売パートナーの声を反映し、複数企業のエンドポイントセキュリティ管理を適切に行うマルチテナント化/クラウド化を行い、日本語版/英語版の一元管理、検知した検体収集機能の強化・ログ収集機能強化など、大規模管理に適した新しい管理コンソール「FFRI AMC」の提供を開始いたしました。


また、セキュリティ製品の検知ロジックをかい潜る巧妙化した未知のマルウェアは増え続けています。特に”ファイルレスマルウェア”と呼ばれる新たな脅威への対策の必要性が高まっています。FFRI yaraiの最新版では、マクロ/スクリプト対策、ゼロデイ脆弱性対策に関わる動的解析や、機械学習エンジンを含めた各エンジンの「先読み防御」技術(※1)をより進化させました。


FFRIでは、攻撃者の思考を先読みし、サイバーセキュリティ上の未知の脅威に対抗するプロアクティブな研究開発体制を構築しており、継続的に製品を強化することで、お客様に安心と安全をご提供してまいります。


※1 パターンマッチング型のアンチウィルスソフトウェアとは異なり、パターンファイルに依存せず、将来発生し得るマルウェアを「先読み防御」する技術。

【FFRI yarai シリーズ Version 3.1の主な新機能】
◎FFRI yarai Version3.1
 ■各エンジンの検知ロジックを強化
 ・ZDPエンジンの強化
 ・Static分析エンジンの強化
 ・HIPSエンジンの強化
   -コードインジェクション対策の強化
   -ランサムウェア対策の強化
   -マクロ/スクリプトマルウェア対策の強化
 ・機械学習エンジン強化

●FFRI AMC Version 3.1
 ■管理機能の向上
 ・マルチテナント対応
 ・日本語版/英語版の一元管理が可能
 ・検体収集機能の強化・ログ収集機能強化
 ・例外登録機能の強化
   例外登録件数の拡充やクラウド上の例外リストへの問合せを可能に

 ■導入・製品評価の環境構築を簡易化
 ・OSSをインストーラーに統合し、環境構築時間と費用の削減

 ■管理コンソールバージョンアップの負担抑制
 ・AMCのWebUIを用いた現行ツール(FFRI EMC)からの移行ツールの提供

製品名称
・FFRI yarai Version 3.1
・FFRI AMC Version 3.1

管理コンソール「FFRI AMC」(新規製品)は、FFRI yaraiをご購入いただいたお客様に無償でご提供しています。FFRI Enterprise Management Console(現行製品)のサポート期間は2020年2月末までを予定しています。現行製品利用中のお客様には、新規製品への移行ツールを無償でご提供しています。

【製品ページ】
・FFRI yarai : (リンク »)

【防御実績ページ(防御した攻撃・マルウェア一覧)】
(リンク »)

【リリース日】
・2018年2月2日     
                   
■株式会社FFRIについて

当社は2007年、日本において世界トップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく設立されました。現在では日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内で対策技術の研究開発に取り組んでいます。研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けておりますが、これらの研究から得られた知見やノウハウを製品やサービスとしてお客様にご提供しています。主力製品となる、「FFRI yarai」はミック経済研究所調べ(※2)によるエンドポイント型標的型攻撃対策分野における出荷金額においてNo.1、ITR調べ(※3)によるエンドポイント型標的型攻撃対策市場(2016年度)における売上金額においてNo.1を獲得しております。

※2 出典:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【外部攻撃防御型ソリューション編】」
※3 出典:ITR「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離市場2017」


本件に関するお問い合わせ先 
写真・資料等がご入用の場合もお問い合わせください。
株式会社FFRI
経営管理本部 経営企画部 IR広報担当
TEL:03-6277-1811
E-Mail:pr@ffri.jp
URL: (リンク »)


「FFRI」「FFRI yarai」は、株式会社FFRIの登録商標です。
その他すべての社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
出典資料の引用等、調査会社の著作物を利用する場合は、出典元にお問い合わせください。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。