【新製品情報】ATEN 4K・HDBaseT対応レシーバーの発売開始

~フレームシンク機能、ケーブル品質テスター、ロングリーチモード等の機能で、長距離でも鮮明な映像を実現~

ATENジャパン株式会社 2018年02月20日

KVMスイッチ、映像関連周辺機器、PDU/エネルギー管理機器のリーディングプロバイダーであるATEN(エイテン)ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、以下ATEN)は、送信機能を搭載したATEN製ビデオマトリックススイッチャーやモジュール式マトリックススイッチャーのHDBaseT対応出力ボードと併用する4K・HDBaseT対応レシーバー「VE816R」を2月16日より発売しました。「VE816R」は、出力信号と入力信号のフレームの同期をとって、映像のティアリングを防止するフレームシンク機能や、ATEN製モジュール式マトリックススイッチャーに搭載したHDBaseT対応出力ボードと併用することで、出力ボードと本製品までの信号のレベルを検知してケーブルの品質が確認できるケーブル品質テスター機能と解像度1080pで最大150m延長できるロングリーチモード機能等が新たに搭載されました。 ATENでは、今後も普及が見込まれる4K対応サイネージ市場等に適した製品を開発・販売してまいります。

製品の主な特長とメリット

1. ティアリングやフレーム落ちの少ないビデオウォール表示を実現するフレームシンク機能搭載
スケーラーからの出力フレームレートを入力信号のフレームレートとの同期を取ることで、ビデオウォール表示のティアリングやフレーム落ち等を防止し、動きの速い映像でもスムーズな表示が可能。


2. 確認作業やトラブルシューティングのコストと時間が削減できるケーブル品質テスター機能
モジュール式マトリックススイッチャーに搭載したHDBaseT対応出力ボード(型番:VM8514)からVE816Rまでの信号レベルを検知することで、カテゴリケーブルの品質が確認できるため、確認作業やトラブルシューティングのコストと時間の削減を実現します。


製品型番:VE816R
製品名:HDMI HDBaseT レシーバー(4K スケーラー内蔵)
標準売価:100,000円(税抜)
出荷開始日:2018年2月16日

このプレスリリースの付帯情報

VE816R 外観

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ATENジャパン株式会社の関連情報

ATENジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]