『恋する僕らのひみつ。』『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』泣きキュン小説『野いちご文庫』新刊2点 2月25日(日)より全国書店にて発売開始!

スターツ出版株式会社 2018年02月23日

From PR TIMES

「 恋するキミのそばに。 」

ケータイ小説サイト『野いちご』(月間アクセス数6億PV)、小説サイト『Berry’s cafe』を運営するスターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地修一)は『野いちご文庫』の新刊を、2018年2月25日(日)全国書店にて発売開始いたします。『野いちご文庫』は、マンガ、SNS、動画、楽曲をプロモーションとして積極的に活用し、10代後半女子へ向けて「泣けて胸キュン」する小説作品を発行していきます。
■ケータイ小説サイト『野いちご』 >> (リンク »)
■女性向け小説サイト『Berry’s Cafe』 >> (リンク »)
■野いちご文庫 新刊情報 >> (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

『恋する僕らのひみつ。』
白いゆき(しろいゆき)/著、イラストレーター:中野まや花、定価 610円+税、ISBN: 978-4-8137-0407-2
【 あらすじ 】きっと、傷つかない恋なんてない…。 
家の事情で女嫌いの幼なじみ・湊とヒミツの同居をすることになった結雨。ある日、結雨の彼氏の浮気が発覚し、彼に復讐するために湊と偽装カップルになる。いつもそばにいた湊とのカレカノの関係にとまどう結雨だが、だんだん心が傾いていく。しかし、湊の女嫌いの原因を知っている結雨は気持ちを伝えられなくて…。それぞれの悲しいヒミツのワケを知ったとき、涙があふれだす! [原題]校内1カップルのヒミツ。

[画像2: (リンク ») ]

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』
涙鳴(るいな)/著、イラストレーター:花芽宮るる、定価 600円+税、ISBN: 978-4-8137-0408-9
【 あらすじ 】「痛くても、苦しくても、君のことが好き」
ふたりの過去と未来に大号泣!! 限られた人以外の前では言葉が出なくなってしまう‟場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)”の冬菜は、誤解され、イジメられた経験に苦しみ、ひとりでいたほうが楽だと思っていた。しかし、入学した高校で明るく人気者の夏樹と出会う。夏樹は冬菜が話せないことをなぜか知っていたが、気にせず話しかけてきて、春には桜の花びら、夏には朝顔など、いろいろな贈り物をする。冬菜は夏樹に心を開いていくけど、夏樹はたまに苦しい表情を見せる。じつは、冬菜に言えない過去を抱えていて…。心がちぎれそうな恋に大号泣!! [原題]春が来たら、桜の花びら降らせてね

野いちご文庫公式アカウント@starts_n
フォロワー3,200人突破しました! 随時更新中です!

◆お問い合わせ先:スターツ出版株式会社  
広報担当 佐々木 TEL:03-6202-0311 Mail: contact-stp@starts-pub.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スターツ出版株式会社の関連情報

スターツ出版株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]