オフィス街初進出!! パリ発本格派ブーランジェリー『メゾン・ランドゥメンヌ 赤坂』4/16(月)オープン

株式会社メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン 2018年03月20日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月20日

株式会社メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン

”オフィス街初進出”の日本上陸第2号店「メゾン・ランドゥメンヌ 赤坂」4/16(月)港区・赤坂にオープン!コンセプトは「パリのグルメと”ほっこり”をオフィスでも」。オープン初日、熱々&カリカリに焼き上げた看板メニュー『タルト・フランベ』を先着200名様に。

株式会社メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン(本社:東京都港区/代表取締役社長:石川芳美)は、パリで14店舗展開するブーランジェリー・パティスリー「Maison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)」の日本上陸2号店でグループ史上初のオフィス街出店となる、「パリのグルメと“ほっこり”をオフィスでも」を、コンセプトに掲げた日本上陸2号店を、2018年4月16日(月)より港区・赤坂にオープンいたします。

【画像: (リンク ») 】

「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人で実業家の石川芳美と、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌの二人が、2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリーで、季節感を重視し、素材にこだわったクロワッサンやバゲットは、パリのグルメガイド“ピュドロ”のブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ“パリ最高パン屋賞”の受賞はじめ、毎年数々の名誉ある賞を受賞しています。現在パリでは14店舗、日本では、2015年に初上陸した麻布台本店と今回オープンする赤坂店の2店舗を展開しています。

【画像: (リンク ») 】

■オフィス街初出店の背景
3年ぶりの日本出店となる赤坂店は、メゾン・ランドゥメンヌグループ初のオフィス街への出店となります(パリの14店舗、麻布台店は住宅街エリアに開業)。東京では、グルメ志向の高まりや共働き世帯の増加を背景に、本格的なパンを家庭だけではなく、仕事の合間はもちろん、その前後にも楽しみたいという人々が増えてきております。そうした世の中の傾向を受け、「本格派・高品質でありながら、手軽に利用できる」、それらを両立した新しい店舗をオフィス街にオープンする運びとなりました。

■“ほっこり感”を重視したこだわりのメニュー  ~モーニングセット、ランチボックス、そして新定番「タルト・フランベ」~
店舗は平日のみの営業で、提供商品は本格的なカフェオレボウルで贅沢な味わいを堪能いただけるカフェオレとクロワッサンがセットになった『モーニングセット』や、ボリューム感のあるサンドウィッチやサラダ、デザートをセットにした『ランチボックス』など、「出勤前・ランチタイム・退勤後」といった、忙しいビジネスマンやOLの一日のライフスタイルに寄り添い、オフィス街で働く人たちの癒しとなるようなラインナップをこころがけています。中でも看板商品は、この店舗で初めての販売開始となる、フランス・アルザス地方の伝統料理である薄焼きピザ風の『タルト・フランベ』です。ご購入いただいた後に特注オーブンで約30秒温め、熱々カリカリの状態で商品をご提供いたします。

この春メゾン・ランドゥメンヌは、日常の中でささやかでありながらも、癒しとなりうる“ほっこり”感を融合させた商品と時間の提供を通して、オフィスで働く人々に向けて、パリの本物とエスプリを発信していきます。


※尚、オープン初日の4/16(月)には、赤坂店の看板メニューである『タルト・フランベ』を
ご来店いただい方先着200名様にオーブンで焼き上げた熱々の状態でお配りいたします。



~ メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポンはこの春、日本上陸3周年を迎えます ~

un bon croissant, du bon pain,
tous les jours, pour tout  le monde…  
 
『美味しいクロワッサンと、美味しいパンを、毎日世界の人々へ』

これは、創業以来のメゾン・ランドゥメンヌ・グループの企業メッセージです。

2015年春、港区・麻布台にオープンしたメゾン・ランドゥメンヌ・ジャポンは、今年で日本上陸3周年を迎えます。職人たちの丁寧な手仕事を通して、フランス・パリの本物の味やエスプリを日本の皆様にお届けしたいという想いをこめて職人・スタッフ一同歩んでまいりました。これからもわたしたちは、安心・安全で美味しいパンを作りを続けてまいりますので、よろしくお願いします。

【画像: (リンク ») 】


<メゾン・ランドゥメンヌ・グループについて>

「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人であり実業家の石川芳美と、同じく実業家でパティシエのロドルフ・ランドゥメンヌが2006年にオープンした、パリで注目されるブーランジェリー・パティスリーです。現在パリ市内に14店舗を展開しており、季節感を大切にしたコンセプトと品質の良さに定評があり、パリのグルメガイド“ピュドロ”のブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ“でのパリ最高パン屋賞”受賞をはじめ、毎年数々の賞を受賞しています。自家製天然酵母を使い、低温長時間発酵でゆっくりと熟成させた小麦の香り豊かな味わいが特徴のハード系パンと、フランス産をはじめとする、選りすぐりのバターを丁寧に織り込んだ、芳醇な香りと口溶け満点のクロワッサンは、メゾン・ランドゥメンヌの人気商品であり、どなたにも召し上がっていただきたいおすすめの一品です。

※この日本上陸3周年を機に、日本国内における呼称を「メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン」に統一いたします。

商品ラインナップ
【タルト・フランベ・ヴァリエ/Tarte Flambée Varié 】 価格:580円(税抜き)
※今後40種類のバリエーション展開を予定しています。

【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】
「タルト・フランベ」は、フランスのアルザス地方とドイツ南部で作られている、薄いパン生地をフロマージュ・ブランやチーズもしくはクレームフレーシュ(サワークリームの一種)で覆い、薄くスライスした玉ねぎとベーコンをのせて焼いた、薄焼きピザによく似た料理です。メゾン・ランドゥメンヌのタルト・フランベは、少しふっくらとした食べ応えがある厚みに仕上げているのが特徴で、特製釜で焼き上げた香ばしさや温かさとともに“ほっこり”とした気分を感じていただける一品です。「タルト・フランベ・ヴァリエ」の「Varié/ヴァリエ」はフランス語で「多種多様」の意味。今後、約40種類のバリエーションを予定しており、毎日日替わりで5種類の商品を提供してまいります。

Tarte Flambée Classique(タルト・フランベ・クラシック)
「ベーコンとたまねぎのタルト・フランベ・クラシック」
【画像: (リンク ») 】
クリームチーズベースのソースに、ベーコンとたまねぎを乗せて、香ばしく焼き上げました。フランスで「タルト・フランベ」と言えばコレ、と言うほどのスタンダードな一枚です。

Tarte Flambée à la charcuterie(タルト・フランベ・シャキュトリー)
「ルッコラと生ハムとキヌアのタルト・フランベ」
【画像: (リンク ») 】
クリームチーズベースのソースの上に、ルッコラとフレッシュな生ハム、そしてスーパーフード・キヌアをまぶした、ヘルシーな一枚。

Tarte Flambée sucrée(タルト・フランベ・シュクレ)
「オレンジのシロップ煮とチョコレートのタルト・フランベ」
【画像: (リンク ») 】
クリームチーズベースのソースとマンゴーピューレを混ぜ合わせ、その上に、オレンジのスライスを敷き詰め、チョコレートチップをまぶした、スイーツ感覚で楽しめる一枚。

Tarte Flambée au fromage(タルト・フランベ・オ・フロマージュ)
「モッツァレラチーズとバジルのタルト・フランベ」
【画像: (リンク ») 】
トマトソースの上に、フレッシュなトマトのスライスと、バジル、そして風味豊かなモッツァレラチーズを乗せて焼き上げた、シンプルで飽きのこない定番の一枚。

Tarte Flambée Végétalienne(タルト・フランベ・ヴェジタリエンヌ)
「茄子とズッキーニとミニトマトのタルト・フランベ」
【画像: (リンク ») 】
トマトソースの上に、ミニトマトと茄子のスライスを敷き詰め、焼き上げた、野菜のフレッシュな酸味と香ばしさを楽しめるヘルシーな一枚です。

【モーニングセット】
風味豊かな上質なバターをふんだんに使った、メゾン・ランドゥメンヌの看板メニューであるクロワッサンを堪能いただけるモーニングセット。

「クロワッサン・フランセ ドリンクセット」 価格:600円(税抜/写真上)
(コーヒー/クロワッサン・フランセ) ※コーヒーおかわり自由
【画像: (リンク ») 】

「クロワッサン・ジャポネ ドリンクセット」 価格:400円(税抜/写真下)
(コーヒー/クロワッサン・ジャポネ) ※コーヒーおかわり自由
【画像: (リンク ») 】

【カフェオレボウルセット】
本場パリのモーニングタイムのように、大きなカフェオレボウルで、カフェオレ(抹茶オレ、チャイオレも可)を楽しめる贅沢なモーニングセットです。
【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】
カフェオレ 、抹茶オレ、チャイオレ うちどれか一品 全3種(ソイ=豆乳に変更可)
/フロマージュ・ブラン/クロワッサン フランセ、もしくはクロワッサン ジャポネ
※カフェオレボウルは全3種 抹茶オレ、カフェオレ、チャイオレ(茶葉は有機栽培のチャイブレンドを使用)

・価格:クロワッサン・フランセ 1,200円(税抜/写真上)
    クロワッサン・ジャポネ 1,000円(税抜/写真下)
    ※2杯目以降、コーヒー・紅茶 おかわり自由

【ランチボックス】
男性も女性も、オフィスで手軽に美味しくお召し上がりいただけるよう、
おなかも心も“ほっこり”するような、ボリューム感がありながらもヘルシーなメニューをお楽しみいただけるボックスです(サイズS、Mあり)。

「ランチボックス S」 価格:1,000円(税込/写真上)
・日替わりサンドイッチ ※写真は、エビとアボカドのチャバタサンド
・カップサラダ(季節の野菜)
・デザート(フロマージュブラン/季節のフルーツ/グラノーラ)※季節に応じて変更あり
【画像: (リンク ») 】

「ランチボックス M」 価格:1,500円(税込/写真下)
・日替わりサンドイッチ ※写真は、ヴィエノワサンドチキン(チキン、ミニトマト)
・クロワッサン・フランセ
・カップサラダ(季節の野菜)
・デザート(フロマージュブラン/季節のフルーツ/グラノーラ)※季節に応じて変更あり
・フルーツジュースもしくは、ソイジュース
【画像: (リンク ») 】

※ランチボックスS、Mともに、プラス200円でコーヒーまたは紅茶をご注文可。
※ランチボックスS、Mともに、税込価格でご提供します。


<店舗概要>
・名称:  「Maison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)赤坂」
・所在地:    東京都港区赤坂2-10-5/TEL 03-6807-4185
・営業時間:  月~金 7:00~19:30(L.O.19:00)
・定休日:    土・日・祝日
・ウェブサイト:   (リンク »)

<店舗一覧>
◇日本国内:全2店舗 その他:ファクトリー
・メゾン・ランドゥメンヌ麻布台 Maison Landemaine AZABUDAI
・メゾン・ランドゥメンヌ赤坂 Maison Landemaine AKASAKA
・メゾン・ランドゥメンヌ・ファクトリー (麻布台)

◇フランス国内:全14店舗
パリ5区: Monge
パリ9区: Clichy/Martyrs
パリ11区:Voltaire /Roquette /Charonne/Oberkampf/Beaumarchais
パリ12区: Crozatier
パリ18区:Jules Joffran
パリ20区:Gambetta
パリ郊外:Asnières-sur-Seine /Levallois-Perret /Camborone

【画像: (リンク ») 】

<会社概要>
・名称:  株式会社 メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン
・所在地: 東京都港区麻布台3-1-5/TEL 03-5797-7385
・設立:  2015年2月
・代表取締役社長: 石川 芳美


<店舗情報の表記につきましては下記の通りでお願いします>
メゾン・ランドゥメンヌ赤坂(Maison Landemaine AKASAKA)
住所:東京都港区赤坂2-10-5/TEL:03-6807-4185
ウェブサイト  (リンク »)
営業時間: 月曜~金曜 7:00~19:30(L.O. 19:00)/土日祝日休み 
※ 4月16日のオープン日のみ営業時間は朝10時〜





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]