「RPAは実際に導入した会社にヒアリングしたり、導入事例を見たりすることは重要」

吉政忠志氏の「ERP千里眼」第10回が公開

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2018年04月18日

日商エレクトロニクスは吉政忠志氏の「ERP千里眼」第10回「RPAは実際に導入した会社にヒアリングしたり、導入事例を見たりすることは重要」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
人材不足の状況を社員の頑張りで乗り切り、努力と工夫を重ね生産性を高め、それでも足りず残業をしている会社は実際に多いと思います。社業が充実して業績が伸びている会社には多い傾向だと思っています。このような状況なのですが、政府主導で労働時間の短縮が進められ、「業績を伸ばしたうえで、一定数以上の残業はNGでサービス残業ももってのほか」という指示が下りてきているケースも正直多いですよね。現場からは乾いたぞうきんを絞るように更なる工夫と努力を重ねるしかないと感じている方も多いと思います。

上記のような企業であってもなくても、全ての企業で生産性の向上が求められています。

RPAはERPや業務システムの生産性向上を実現できる可能性の高い新しい技術です。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]