編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

おはなしエンジェル 子ども創作コンクール 作品募集

株式会社公文教育研究会

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-19 10:00

2018年7月19日

株式会社 公文教育研究会

自分の作ったおはなしが世界で一枚の絵に!
おはなしエンジェル 子ども創作コンクール 作品募集
~ 授賞式では作家との懇談も ~

株式会社公文教育研究会(代表取締役社長 池上秀徳〔いけがみ ひでのり〕)は、一般社団法人日本児童文芸家協会、一般社団法人日本児童文学者協会と共催する、「おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」の作品募集を2018年7月20日より開始します。このコンクールは、子どもたちに物語を創作する楽しさを体験してもらいたいという思いで2000年の子ども読書年に始まった、子ども向けのおはなし創作コンクールです。身近な経験やたくさんの本との出会いから自分でストーリーや登場人物を考え、自分の言葉でつむいだ”おはなし”が、毎年数多く生まれています。
「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」 (リンク »)

◆ 自分の作ったおはなしが世界で一枚の絵に!
最優秀おはなしエンジェル賞と金のエンジェル賞受賞者には、プロの画家による、作品をテーマにした描きおろしの絵画が贈られます。世界にひとつだけの絵は、子どもたちの作品世界をさらに広げてくれます。

◆ 独創性のある優れた作品は、くもん出版より絵本として出版されるチャンスもあります
毎年、友だちや家族、動物など身近なことを素材にしたお話、夢や空想、未来や過去に旅をするお話、まわりの人や大人に向けたメッセージを込めたお話など、子どもたちの豊かな感性やオリジナリティあふれる作品が集まります。
特に独創性のある優れた作品は、絵本化のチャンスもあり、これまでの受賞作の中から、10作品がくもん出版より絵本として出版されています。
2016年11月に刊行された『一日だけうさぎ』は、2015年の最優秀おはなしエンジェル賞受賞作を絵本化したものです。一年に一度だけ、町の住民全員がうさぎになってしまうという、さまざまな想像がふくらむお話は、「発想の面白さと、ユーモアのセンスが抜群」と絶賛され、最終選考会では満場一致で最優秀賞に決まりました。絵本刊行後、新聞等にも取り上げられ、設定の魅力や豊かな発想力が評価されています。

募集期間と作品送付先
●募集期間: 2018年7月20日~2018年9月10日(必着)
●作品送付先:
〒108-8617
東京都港区高輪4-10-18京急第1ビル13F
くもん出版「子ども創作コンクール」R係
TEL: 03-6836-0314 
※直接の持ち込み、Eメールでの応募はご遠慮ください。

応募方法
(1) 幼児・小学生低学年(1~2年)の部 400字原稿用紙2~4枚以内。
(2) 小学生中高学年(3~6年)の部 400字原稿用紙3~6枚以内。
(3) 中学生の部 400字原稿用紙5~10枚以内。
※表紙(様式自由・作品の枚数に含まれません)に以下の項目を記入。
【必須】
住所・氏名およびフリガナ(ペンネームは不可)・年齢および学年・電話番号・作品タイトル。
海外からの応募の場合、連絡の取れるEメールアドレスを明記してください。
※タイトルと氏名は、作品の最初にも記入。
【任意】
どうやってコンクールを知ったか。

応募規定
※作品の返却には応じられません。
※応募はひとり1編まで。未発表の創作のお話に限ります。詩・作文・日記は不可。自作・自筆に限ります。
※ワープロ・パソコン原稿は、A4判用紙に20字×20行で印字。ただし、自分の入力に限る。

各賞および賞品
◆最優秀おはなしエンジェル賞(各部)1編・・・作品をテーマにした絵・盾・図書カード1万円
◆金のエンジェル賞(各部)3編・・・作品をテーマにした絵・盾・図書カード5千円
◆銀のエンジェル賞(各部)5編・・・盾
※“作品をテーマにした絵”は、活躍中の画家による描きおろしです。
※中学生の部の最優秀おはなしエンジェル賞受賞者には、日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会より、機関誌を1年間無料でお送りします。

審査・結果発表
日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会、公文教育研究会による厳正な審査の上、入賞作品を決定。発表は11月上旬に主催団体のホームページにて行います。入賞作品は主催団体発行の媒体誌やホームページ等に掲載を予定しており、授賞式は11月23日にアルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)にて実施予定です。
※応募者の個人情報は、本コンクールに関わる目的のみに利用します。
※入賞作品の出版および二次的使用については、発表より2年間協賛社(くもん出版)が優先権を保有します。
※絵本化にふさわしい作品については、協賛社より出版されます。

募集に関してのお問い合わせ先
運営事務局(くもん出版) TEL.03-6836-0314  (リンク »)  
日本児童文芸家協会TEL.03-3262-6026  (リンク »)
日本児童文学者協会TEL.03-3268-0691  (リンク »)
主催 : 一般社団法人日本児童文芸家協会 ・ 一般社団法人日本児童文学者協会 ・ 公文教育研究会
協賛 : くもん出版
後援 : 朝日学生新聞社・一般社団法人家の光協会・親子読書地域文庫全国連絡会・この本だいすきの会・産経新聞社・一般財団法人出版文化産業振興財団・公益社団法人全国学校図書館協議会・日本子どもの本研究会・日本書店商業組合連合会・公益社団法人日本図書館協会・毎日新聞社・読売新聞社




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]