編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MPC57xxの安全認定デバイスドライバ対応SCIOPTAリアルタイムOSの販売開始

MPC57xxの安全認定デバイスドライバ対応SCIOPTAリアルタイムOSの販売開始

ポジティブワン株式会社

2018-07-27 14:00

2018年7月27日、ポジティブワンは、MPC57xxの安全認定デバイスドライバ対応SCIOPTAリアルタイムOSの販売開始いたいます。
ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、MPC57xxの安全認定デバイスドライバ対応SCIOPTAリアルタイムOSの販売開始いたします。

SCIOPTAは、リアルタイムオペレーティングシステムとミドルウェアを認証するだけではなく、デバイスドライバは通常安全機能の一部であるため、組み込みシステムの他のすべての安全ソフトウェアと同じレベルで認定する必要があります。

SCIOPTAは、NXP PowerPC MPC57xxプロセッサ用に5つのデバイスドライバを認定しています。 これには、SPI、FlexCAN、ADC、温度およびシリアルデバイスドライバが含まれます。 IEC 61508-1:2010、IEC 61508-3:2010およびIEC 61508-4:2010に従って、TÜVSÜDの試験を受けています。

評価用ボードとして、自動車および産業用安全アプリケーション用超高信頼性mpc5744pevbで動作しており、コンパイラは、ウインドリバー製コンパイラを利用しております。

【SCIOPTA(スキオプタ)システムズ社について】
SCIOPTAシステムズ社は、スイス・バーゼル=シュタット準州に本社を置くセイフティクリティカル分野、透過分散システムで利用されるメッセージパッシング方式のリアルタイムOSおよびミドルウエアの開発を行っております。ドイツ・ミュンヘンのTUV認証機関から、IEC 61508 SIL 3、EN 50128 SIL 3/4、ISO 26262 ASIL-Dを受けたセイフティクリティカルなリアルタイムOSとして認証を受けております。インフィニオン・テクノロジー社、マイクロチップ・テクノロジー/Atmel社、NXPセミコンダクターズ社、ルネサス エレクトロニクス社、STマイクロエレクトロニクス社、テキサス・インスツルメンツ社、ザイリンクス社の半導体にSCIOPTAリアルタイムOSがサポートされています。ポジティブワンは、日本総代理元として、10年以上、日本市場でのライセンス、BSPおよびシステムの受託開発を行っております。また、新しいプロセッサ、マイコンへのSCIOPTAリアルタイムOSの移植サービスも柔軟的に行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]