編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

幼稚園・保育園・認定こども園向けクラウドサービス 「コミュニケーション&なび」の「登降園and精算なび」がリニューアル

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

From: PR TIMES

2018-09-26 23:48

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンシステムアンドサポート株式会社(代表取締役社長:平賀剛、以下キヤノンS&S)は、株式会社テクノクラフト(代表取締役:栂坂昌業、以下テクノクラフト)のクラウドサービス「コミュニケーション&なび」の時間・精算管理システム「登降園and精算なび」をリニューアルし、2018年9月26日より提供開始します。



(リンク »)

 キヤノンS&Sは、幼稚園、保育園、認定こども園などの施設における業務負担の増加や、慢性的な職員不足などをIT活用で解決するため、2012年からテクノクラフトのクラウドサービス「コミュニケーション&なび」を販売してきました。「コミュニケーション&なび」には「登降園and精算なび」の他にも、欠席や遅刻などの連絡をwebで受け付ける「出欠申請なび」や、送迎バスの運行状況をPCやスマートフォンから確認できる「バスなび」などのサービスがあり、連携させることも可能です。
 「登降園and精算なび」のリニューアルでは、時間ごとの預かり保育や延長保育の集計などの従来の機能に加え、月極の設定や、用品代も加えた料金集計ができるようになりました。また、全銀システム※1出入金結果や出欠簿の出力もできるため、これまで以上に業務効率化が期待できます。
[画像1: (リンク ») ]

■「登降園and精算なび」リニューアルで追加された機能
・月極預かり保育料の計算に対応
・おやつなどの用品代の合算
・全銀システム出入金結果の出力、インポート
・出欠簿の出力
・兄弟割引に対応
・保護者への登園、降園、請求額の通知機能追加
・利用者の声を反映させ、登降園記録画面を変更
・「出欠申請なび」だけでなく、「バスなび」とも連携

■「登降園and精算なび」従来からの機能
・ICタグを利用した、登降園の時間の記録
・認定号数などに応じたスポット(時間単位)での預かり保育料の計算
・「出欠申請なび」との連携

※1 全銀システム:全国銀行データ通信システム。銀行間の内国為替取引をオンライン・リアルタイムで中継するとともに、取引に伴う資金決済を行うための銀行間ネットワークシステム。(全国銀行資金決済ネットワーク HPより)[画像2: (リンク ») ]

■価格表

[表: (リンク ») ]


※2 別途、初期費用¥10,000(税別)がかかります。
   別途、導入後の設定費用、操作説明費用が発生します。
   ハンディ―リーダー、ICカード/キーホルダー型ICタグの代金は含まれておりません。

■「コミュニケーション&なび」特長
幼稚園、保育園、認定こども園などの施設側が行う業務負担を軽減し、幼児教育従事者が「良質な育児」に専念できる環境づくりをサポートするためのクラウドサービスです。
・自社でサーバーやソフトウエアを用意する必要がないため、初期導入費を抑えることができます。
・導入後は、キヤノンS&Sが現地にうかがい、すぐに使える状態まで設定作業を行います。
・直感的なUI(ユーザーインターフェース)で、ITに詳しくない方でも簡単に操作ができます。
・これまでの口頭や手書きでの業務をIT化することで、伝達や集計のミス軽減が期待できます。
・欠席連絡や、送迎バス連絡等のサービスの中から、必要なサービスのみ導入可能です。
[画像3: (リンク ») ]


● 一般の方のお問い合わせ先 : キヤノンシステムアンドサポート株式会社
                 ITソリューション推進部 基幹ソリューション推進課
                 (リンク »)

● キヤノンS&S ホームページ  (リンク »)

● キヤノンS&S 「コミュニケーション&なび」ページ (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]