青山学院大学でeスポーツシンポジウム「eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日」を開催

青山学院大学 2018年10月04日

From Digital PR Platform




青山学院大学総合研究所は今年30周年を迎える。2018年度の研究ユニット『五輪eスポ』は、近代スポーツの枠組みを拡張・変容する可能性をもつ「eスポーツ」に注目し研究を進めている。同大研究ユニットのスタートアップ・シンポジウムとして、「eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日」を2018年10月13日(土)に開催する。




 近代スポーツの祭典である2020年東京オリンピック・パラリンピックまであと2年弱。
 今年で30周年を迎える青山学院大学総合研究所では、2018年度研究ユニット『五輪eスポ』として、スポーツのIT化、社会的包摂/インクルージョンが進展する現在、近代スポーツの枠組みを拡張・変容する可能性をもつ「eスポーツ」に注目し研究を進めている。
 同大研究ユニット『五輪eスポ』のスタートアップ・シンポジウムとして、「eスポーツ論 ゲームが体育競技になる日」を開催する。
 内容は、そもそも「eスポーツってなに?」というシンプルな問いから始まり、eスポーツに通暁する論客を招いたトークセッション「eスポーツであなたもオリンピアン!?」や、「プロeスポーツアスリートによるデモンストレーション」等。

 eスポーツへと広がる新たな研究視点のシンポジウムの詳細は以下のとおり。

【開催概要】
 日時:2018年10月13日(土)13:30~15:30 (13:00開場)
 場所:青山学院大学 青山キャンパス 9号館1階910教室(東京都渋谷区4-4-25)
 参加費:無料(先着順、事前登録制)
 申込み方法:下記のウェブサイトから、お申込みください(定員になり次第締め切り)


【特設サイト】
  (リンク »)



※詳細については添付のチラシ、または上記URLをご覧ください。



▼担当教員の青山学院大学総合文化政策学部 川又啓子教授よりコメント
 今回のスタートアップ・シンポジウムは、「はじめてのeスポーツ」「eスポーツ入門」という位置づけです。「最近『eスポーツ』ってよく聞くけどなに?」「eスポーツとゲームって違うの?」と思っていらっしゃるあなた!是非ご参加ください。
 なお、本研究ユニット『五輪eスポ』は、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、eスポーツの(1)研究拠点化、(2)高等教育におけるカリキュラム・モデル開発、(3)eスポーツの聖地化の基盤整備の3点を目指しています。

▼内容に関する問い合わせ先
 青山学院大学総合研究所『五輪eスポ』研究ユニット
 Email:info@aoyama-esports.jp

▼取材・撮影に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL:03-3409-8159
 FAX:03-3409-3826

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

青山学院大学の関連情報

青山学院大学

青山学院大学の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]