スパイスボックス、AI(人工知能)技術開発を行うスタートアップAIQと業務提携。SNSを利用した自社サービスのバージョンアップ、および新規開発にAI技術を活用

株式会社スパイスボックス 2018年11月28日

From PR TIMES

ソーシャルメディア上で認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」施策支援を行う株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、人口知能に係わる技術開発およびソフトウェアの企画、開発、販売を行うAIQ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 高松睦)と業務提携を実施しましたので、お知らせ致します。この業務提携により、SNSを利用した既存自社サービスである「THINK」や「ソーシャルトライブ調査」のバージョンアップを図るとともに、AI技術を活用した新サービス、プロダクトの開発を加速させてまいります。



[画像1: (リンク ») ]

■AI技術を活用した「SNSプロファイリングデータ」分析に強みを持つAIQ

AIQは、さまざまな人気テレビゲームの開発責任者を経て、スマホアプリ等の新規技術開発に従事してきた社長高松睦氏が2017年に設立したAI(人工知能)技術開発を行うスタートアップ企業です。

今回、AIQとの業務提携を行うにあたり、当社サービスとの親和性が特に高いと判断しているのが、同社が持つ主要SNSアカウントのプロファイリングデータ収集、分析技術です。AIQでは、各SNSサービスのデータベースにアクセスし、画像解析や自然言語処理に関わる独自技術を使って投稿に含まれる「写真」や「動画」、「テキスト」情報を複合的に解析し、極めて高精度なSNSアカウントのプロファイリングを実現しています。現在、スパイスボックスでは、SNS上のビッグデータを活用し、ソーシャルメディア上での企業、ブランドの認知、好意形成を支援する「エンゲージメント・コミュニケーション」を戦略領域と定めており、今回のAIQとの業務提携が、当社が提供するソリューション全般の拡充に大きく寄与すると考えました。

今後については、AIQが独自の強みを持つSNSアカウント分析に特化したプロファイリングエンジンを活用し、当社の独自サービスであるソーシャルリスニングプラットフォーム「THINK」、企業、ブランドのファンやTOLを発掘する「ソーシャルトライブ調査」のバージョンアップを順次行ってまいります。併せて、AIQが持つAI技術を活用した新サービスの開発も積極的に推進してまいります。

(※)ソーシャルトライブ調査
URL: (リンク »)


■AIQが提供するプロダクトについて

AIQでは、SNSアカウント分析に特化したプロファイリングを行う「LiveReal(リブリール)」のほか、以下の通り保有するAI技術を活用したさまざまなプロダクト、サービスを提供しています。

・SNSアカウント分析に特化したプロファイリングAI「LiveReal(リブリール)」
SNSに投稿された写真や動画、プロフィール、キャプション等のデータをディープラーニングを活用した独自の画像解析AIおよび自然言語処理AIで自動的に分析、高い精度でSNSアカウントのプロファイリングを実施する。

[画像2: (リンク ») ]

(イメージ図)

・同時に複数のオブジェクト解析を可能とする画像解析プラットフォーム 「eyes(アイズ)」
複数の画像解析AIを搭載。それぞれのAIが異なる学習(ディープラーニング)をすることで、UIレスで複数オブジェクトの認識を実現。

・瞬時に物体を認識してプロファイリングするリアルスカウター「Object Scouter(オブジェクトスカウター)」
独自の画像解析技術とスマートフォンに搭載されている技術を融合することで、スマホをかざすだけで瞬時に複数の物体識別を可能にする。

・コーディネート解析エンジン「COLOMO(コロモ)」
独自の画像解析技術を応用してファッションアイテムの解析に特化した画像解析エンジンです。一枚の写真に含まれる全てのファッションアイテムを瞬時に判別。 等


AIQ株式会社
人工知能に係わる技術開発及びソフトウェアの企画、開発、販売を行う。マイクロソフトやAmazonのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」(参考: (リンク ») )や「AWS Activate」(参考: (リンク ») )など、各スタートアップ支援プログラムにも選出されている注目企業(URL: (リンク ») )

【会社概要】
本社:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX4F LIFORK AKIHABARA
札幌ラボ:札幌市中央区南1条西4丁目 日之出ビル9F
代表者名:代表取締役 高松 睦
資本金:48,800,400円(資本準備金含む)

■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、デジタル・コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って生活者に“語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]