コールトラッキングサービスの「Call Tracker」Google Analyticsとの連携を強化

株式会社コムスクエア 2019年01月30日

From PR TIMES

コールトラッカーの電話コンバージョンデータをGAで取得したデジタルマーケティングデータに融合させ、GA上での行動分析も含めたコールトラッキングが可能になりました。

株式会社コムスクエア(東京都中央区 代表取締役社長:上嶌 靖 以下、コムスクエア)は、コールトラッキングサービス「Call Tracker」とGoogle Analytics(以下、GA)との連携を手軽に高精度で行えるよう連携を強化しました。
(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

株式会社コムスクエア(東京都中央区 代表取締役社長:上嶌 靖 以下、コムスクエア)は、コールトラッキングサービス「Call Tracker」のGoogle Analytics(以下、GA)との連携を手軽精度行えるよう連携を強化しました。


サービス概要

今回の連携強化によりコールトラッカーの電話コンバージョンデータをGAで取得したデジタルマーケティングデータに融合させ、GA上での行動分析も含めたコールトラッキングが可能になりました。


コムスクエアが特許を保有する動的発番(※1)というテクノロジーと豊富な番号在庫をご利用しやすい価格帯で提供します。これにより、PCやモバイル問わず、電話のコンバージョン数がWebと電話の両方の数値で正当に評価できるだけではなく、来訪者の行動分析まで一気通貫で行う事が出来るようになります。


[画像2: (リンク ») ]



※動的発番とは、サイトの訪問者のアクション(Webページへのアクセスやクリックなど)毎に番号をリアルタイムに生成する仕組みで、これによりユーザーやセッションに対しユニークに番号を払い出す事が可能になります。
他社製品のように一度に大量の話番号を予め保有しておく必要もなく、大量のトラフィックが発生しても高精度でトラッキングができます。


コールトラッカーについて
コールトラッカーは、国内で初めてサービス提供した、Webからの電話反響を正確に測定できる、クラウドCTIソリューションです。
コムスクエアが保有数1,000回線を超える回線交換、IPベースの通信インフラと高機能CTI装置を基盤に提供しています。
この技術は日本、米国、中国で特許取得済みで、EUでも審査中です。
URL: (リンク »)


会社概要
1989年の創業から30年、CTIソリューションに取り組み、通信インフラ・端末の進化と共に歩んでまいりました。
Web関連技術を保有する企業が多く活躍する現在においても、CTIソリューションとWebソリューションの融合技術は特殊分野でコムスクエア最大の強みとなっております。
現在、クラウドCTIソリューションとして、コールトラッカー、SMS自由自在、Web電通知等ユニークなサービスを多くのお客様にご利用いただいております。

株式会社コムスクエア コーポレートサイト
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コムスクエアの関連情報

株式会社コムスクエア

株式会社コムスクエアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]