Ruby on Rails 海外事情コラム > 第41回 RailsにはActive Deploymentが必要だ

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年03月18日

CTC教育サービスはコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第41回 RailsにはActive Deploymentが必要だ」を公開しました。

###

RailsにはActive Deploymentが必要だ
こんにちはー。野田貴子です。 海外のコラムで面白いものがあったので、意訳してお届けします。 ご参考ください。

私の好きな英単語のひとつに、「controversial」があります。「議論になる」「物議を醸す」といった意味です。本日ご紹介するブログを読んだときに、この英単語が思い浮かびました。意見を持たれた方は、ぜひリンク先のコメント欄も読んでみてくださいね。
Rails needs Active Deployment
(リンク »)
私はRuby on Railsを10年間使ってきましたが、今でもRailsが大好きです。しかし時には気に入らない点もあります。私はいわゆる消火活動をするコンサルタントとして、さまざまな企業のRailsプロジェクトを手助けしています。とりわけ、あらゆる種類のパフォーマンスや高可用性の問題を解決する手助けをしてきました。そして多くのRailsアプリケーションのコードベースを見てきました。成功例だけを見てきたのではなく、そうでないものもたくさん見てきました。より多くのRails初心者のためにと、Railsについての本も何冊か書きました。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]