「RSUPPORT Partners Meetup 2019」開催レポート

RSUPPORT株式会社 2019年04月26日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

      <写真1 : RSUPPORT Partners Meetup 2019での発表に聴き入るパートナー>

RSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役社長:徐ヒョンス、以下「RSUPPORT」、URL: (リンク ») )は、パートナーのセールス強化のために「RSUPPORT Partners Meetup 2019」を4月11日に開催しました。

今回の「RSUPPORT Partners Meetup 2019」(以下「RPM2019」)では「RSUPPORTと共に成功するセールスを」という意味を込めた「Winning sales with RSUPPORT」をテーマに、パートナーのセールス強化を図る、新しいセールスポイントとマーケティング支援プログラムの発表を行いました。

RPM2019にはRSUPPORTの製品販売を担当するパートナー企業の約60人が参加、各セッションを熱心に聴き入る姿が印象的でした。また昨年度、RSUPPORTの成長に寄与したパートナーへ感謝の気持ちを表す「RSUPPORT Partners Award」を実施、各部門別にパートナーを選定し表彰を行いました。

第一部は徐ヒョンス代表取締役社長による挨拶からスタート。菅田勝之営業部長による基調演説「成功するビジネスを共に - RSUPPORT」では、昨年度の成果報告と2019年の方向性について「テレワーク市場の拡大がRSUPPORTの成長に大きな影響を与えている」とし、「このような流れを活用したRSUPPORTのRemoteソリューション販売拡大のために、全幅的なサポートを行っていく」と語りました。

続く、営業担当金ヒョンスによる「パートナー支援プログラム」では、パートナーのための営業・マーケティング支援策について詳しい説明を行いました。パートナーの担当者による事例紹介では、株式会社NTTドコモよりRemoteCall(www.remotecall.com)、株式会社NTTデータ中国よりスマートグラスを活用したRemoteCall現場サポート、不動産業でのRemoteMeeting(www.remotemeeting.com)が大きな関心を集めました。朴泳植技術部長による「製品新機能」ではPSS(Partner Support System)、RemoteCallとRemoteViewのWebビューア公式リリース、共同作業ツールであるRemoteCall with LINEWORKS(www.rcwith.com)が紹介されました。

また1部の最後にはパートナーの要望に応え、開発中であるウェビナー「RemoteSeminar」のデモ試演も行われました。パートナーは会場のテーブルに準備されたPCを実際に操作しRemoteSeminarを体験、下半期のリリースに向けて期待感が更に高まりました。

第二部ではRSUPPORT Partners Awardの授賞式と、懇親会がスタート。RSUPPORT Partners Awardでは「BEST PARTNER – 株式会社大塚商会」、「BEST SOLUTION – OrangeOne株式会社」、「BEST PIONEER – 株式会社NTTデータ中国」、「BEST TELEWORK – 丸紅情報システムズ株式会社」という結果になりました。懇親会ではジャズボーカリストJoelleによるコンサートも行われ、楽しい雰囲気で交流が行われました。

パートナーを大切にするという一例が、RSUPPORTが長年開発、改善を進めてきたPSS(Partner Support System)です。パートナーとスピーディーでスムーズなコミュニケーションを可能にするお問い合わせ対応はもちろん、各種製品情報が集められており、セールスにご活用いただけます。

RSUPPORTの徐ヒョンス代表取締役社長は「RSUPPORTはパートナーが信頼し、セールスに全力を注ぐことのできるよう、技術開発を進め優れた製品を作り上げてきた」、「パートナーと常にコミュニケーションを行い、 共に悩みを解決し進んでいく」と語りました。

[画像2: (リンク ») ]

      <写真2 : ウェビナー「RemoteSeminar」のデモ試演にパートナーの視線が集中>

[画像3: (リンク ») ]

             <写真3 : RSUPPORTの金 龍玉副社長による挨拶>

■会社概要
会社名:RSUPPORT株式会社
設 立:2006年 4月
代表者:徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地:〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階  (日本法人)
事業内容:ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス:テレワークソリューションパック Rsupport Works
▶ (リンク »)
リモートデスクトップツール RemoteView
▶ (リンク »)
Web会議システム RemoteMeeting
▶ (リンク »)
リモートヘルプデスクツール RemoteCall
▶ (リンク »)


[RSUPPORTとは? (リンク ») ]
25ヵ国10,000社以上が利用するリモートサポート、リモートコントロール製品を中心とし、アジア・日本で市場シェアNo.1を誇るクラウド専門の企業です。
自社で開発した独自の特許技術やサービスは、世界各地の製造業をはじめとしたさまざまな分野の企業、政府、公共団体、金融機関、教育機関にて導入・高く評価されています。
主要製品として、企業向けのヘルプデスクツールRemoteCall( (リンク ») )、個人から企業まで幅広く使われているリモートコントロールツールRemoteView( (リンク ») )、簡単でリーズナブルに利用できるWeb会議RemoteMeeting( (リンク ») )、モバイル画面録画に特化したMobizenスクリーンレコーダー( (リンク ») )や、PCでモバイル画面を表示できるMobizenミラーリング( (リンク ») )サービスを提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]