「mitoco(ミトコ)」V8.0バージョンアップ

カレンダー機能の拡充で業務振り分け・アサインなどスケジュール調整業務を効率化

株式会社テラスカイ 2019年05月13日

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、クラウド時代にマッチしたビジネスコミュニケーションのプラットフォーム『mitoco(ミトコ)』を、2019年5月14日(火)にV8.0へバージョンアップします。

主な追加機能は以下です。
■カレンダー
予定の任命先や時間の変更を、マウスのドラッグ&ドロップで簡単に行えるようになります。対象の予定をクリックし、変更先ユーザーのレーンや任意の時間にドロップするだけで変更することができるので、フィールドサービスにおけるディスパッチ業務など、スタッフの割り当てを行う業務において、大幅な業務効率化を実現できます。

また、「私の月表示」機能を拡張し、他ユーザーの月間スケジュールの表示が可能になります。「私の月表示」は、1か月間のスケジュールを俯瞰で把握したい場合に便利なビュー画面です。これまでは自分のスケジュールだけが対象でしたが、今回のバージョンアップにより、他ユーザーのスケジュールも月単位の確認ができるようになります。


■ワークフロー
企業ごとのニーズに合わせた、より柔軟な権限の設定が可能になります。

①申請情報の編集を制限するロック機能を実行するタイミングを、申請時だけでなく最終承認時も選べるようになります。

②ワークフローのすべてのステップが終了した後でも、回覧者を追加できるようになります。これまでは、承認ステップの完了前にしか回覧者を追加できませんでしたが、最終承認後や否認後にも回覧者を指定することが可能になります。

③任意のタイミングで申請データの参照権を追加できるようになります。異動などによって、承認プロセスが完了したデータの参照が必要になった場合に、権限を付与することが可能になります。

ワークフローには上記以外にも、添付ファイルの最終更新者の表記を追加するなどの複数の機能追加を行います。

その他、「トーク」では未読マークの仕様を変更して自分宛のメンション数も表示するなど、各アプリケーションにおいて多数の機能追加・改善を行っております。
詳細は、リリースノートをご確認ください。
(リンク »)


<mitocoとは>
『mitoco』は、クラウド時代のニーズとテクノロジーを基に開発したコミュニケーション・プラットフォームです。既存のグループウェアとは一線を画し、コミュニケーションの範囲を社外、モノ、コトまで拡張します。最大の特徴はSalesforceをプラットフォームとしている点であり、Salesforce上のCRMデータとの連携や、柔軟性の高い開発基盤上にカスタムアプリケーションを追加開発することも容易です。
(リンク »)


<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず3,500件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16階
設立:2006年3月
資本金:10億6,807.4万円(2019年2月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: (リンク »)
東証第一部 証券コード:3915

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]